冬にオススメな日焼け止めランキング5選!冬でも日焼け止めが必要な理由とは?

スキンケア

紫外線はお肌の大敵!シミ予防や美白のためにも、日差しが強い夏場の日焼け止めは必須アイテムですよね。
でも最近は日差しも弱まり、日焼けの心配もしなくなるので、紫外線対策もおろそかになってはいませんか?
しかし!お肌のことを考えると、冬場でも日焼け止めは必須です!さらに、冬には冬に適した日焼け止めを選ぶことも大切です。
今回は、冬でも日焼け止めが必要な理由や、冬こそオススメな日焼け止めアイテムをランキング形式でまとめてみました。

冬でも日焼け止めが必要な理由

夏に比べて、冬の紫外線量は少ないと言われています。
冬場はめったに日焼けしないので、日焼け止めなんて必要ないように感じてしまうかもしれません。
しかし、冬でも太陽の日差しには少なからず紫外線が含まれていて、無防備に浴び続けてしまうと、日焼けによるシミ・ソバカスの原因のひとつになってしまうこともあるのです。
日焼けしない冬でも紫外線対策が必要な理由は、紫外線の種類に関係します。詳しくご紹介しましょう。

■UVAとUVBって?

私たちの肌に影響する紫外線は、UV-A波(UVA)とUV-B波(UVB)の2種類があります。

【UVA】

UVAは肌に届く紫外線のおよそ9割を占めます。
UVAはガラスや雲を通り抜けやすいと言われているので、室内で過ごす日や曇りの日でも、日焼け止めなどでの対策が必要になります。
また、一般的に肌への影響が見られるのが遅いと言われているので、長年の蓄積によって徐々にシミ・ソバカスなどが現れます。
さらに、過剰に浴びることにより肌の内部のコラーゲンやヒアルロン酸にも影響を与えると言われているため、しわやたるみの原因にもなりえます。

【UVB】

UVBは肌に届く紫外線のおよそ1割を占めます。
日常生活の中では、例えば日傘を使うなど、直射日光に当たらないように心がけることだけで、ある程度防ぐことができると言われています。
肌への影響が現れる時間は早く、長時間浴び続けることで、肌が赤くなったり、黒く焼けたり・・・一般的な“日焼け”の正体はこのUVBによるものです。
UVBは直射日光を避ければ簡単に防ぐことができますが、エネルギーが強いため、肌表面の細胞を傷つけたり、炎症を起こすので、皮膚ガンやシミの原因になります。

■冬場もUVAは降り注いでいる!

こちらは、1年間のUVA・UVBの紫外線量の推移のグラフです。
UV-A波とUV-B波の年間変動グラフ
グラフの通り、UVBはピークとなる夏場以外の量は少なく見受けられますが、UVAは夏場以外でも、量が多いのです。
冬場は日焼けの原因となるUVBの量が減少するため、日焼けなどの目立った症状は現れません。しかし、シミ・ソバカスや老化の一因となるUVAは、冬場でもわたしたちの肌に降り注いでいます。
UVBが少ない(=日焼けしない)からといって、冬場の紫外線対策を怠ることは、無防備にUVAを浴び続けることになるのです!
UVAは肌への影響としてすぐに変化が見られにくいため、みなさん紫外線に対する意識が薄らいでしまいがちです。しかし、冬場でも、曇りの日でも、あなたが室内にいるときでも、UVAは降り注いでいて、肌を老化させていると考えてください。
将来の美白・美肌のためにも、紫外線対策は1年中行いましょう!

冬に使う日焼け止めの注意点


美肌づくりのためには、ただ日焼け止めを塗ればいいというものではありません。
とにかく紫外線を防ぐために、高いSPF値のものを、1年中塗りたくってしまったりしたら、肌へのダメージが大きすぎて、肌荒れや肌トラブルの原因になってしまいます!
つまり、日焼け止めは強ければ強いほど肌への負担が大きいということです。
炎天下で長時間外出するときには強い日焼け止めが必要ですが、曇りの日や冬場には、そこまで強い日焼け止めを使う必要はありません。
肌への負担を和らげて美肌をつくるために、冬には冬に適した日焼け止めを使いましょう!

冬の日焼け止めを選ぶポイント

■SPFとPAの数値に注目

日焼け止めの強さを表す目安には、SPFPAの2種類があります。実はそれぞれ意味が違うので、詳しくご説明します!

【SPF】

SPFは、赤みや黒化の原因となるUVBを防ぐ効果指数です。
1〜50+までの数値で表され、UVBによる日焼けをどれぐらい長い時間防止できるかを示しています。数値が大きい方がUVBを防ぐことができる時間が長いことを表しています。

【PA】

PAとは、シミ・ソバカスや肌の弾力を失わせる原因になるUVAを防ぐ防ぐ効果を示す目安です。
+、++、+++、++++の4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が増えるにつれ、UVAに対する防御効果が高いことを表しています。
つまり、肌への負担を抑えるためには、冬場はUVBは減少しているため、SPF値は低めのものを使って、こまめに塗り直すのがいいでしょう。
PAも、夏場ほどUVAが強いわけではないので+++++を選びましょう。
しかし、ウィンタースポーツなど長時間外出するときには、どちらも高いものを選んで、使い分けましょう!

■「紫外線散乱剤」や「紫外線吸収剤不使用」に注目

日焼け止めに含まれる紫外線防止剤には、「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2種類あります。
冬場にオススメなのは「紫外線錯乱剤」を配合した日焼け止めです。

紫外線散乱剤

金属酸化物など無機系の素材で、ファンデーションやBBクリームなどにも使用されます。
紫外線を反射・錯乱させることによって、肌の奥に届かないようにする成分で、吸収剤に比べて肌への負担が少ないと言われています。
また、吸収剤と比べると塗ったときに皮膚が白くなるのが特徴で、ミルクタイプやクリームタイプに多く使われます。
表示名称は、酸化亜鉛や酸化チタンなど。

紫外線吸収剤

有機系の素材で、化合物が紫外線を吸収し熱に変えることで、皮膚へ紫外線が届くのを防ぐ成分です。
塗っても白くなりくく、ジェルタイプやスプレータイプに多く使われます。
表示名称は、メトキシケイヒ酸オクチルやジメチル、PABAなど。
錯乱剤よりも遮断効果は高いのですが、肌の上で化学変化を起こすので、肌への負担が大きい成分です。(アレルギー反応やかぶれが起こることも!)
冬場の紫外線はそれほど強くはないので、肌への負担が少ない紫外線散乱剤を使った日焼け止めを選びましょう。
紫外線吸収剤不使用(フリー)」や「ノンケミカル」と表示されている場合もあるので、商品説明をチェックしてみてください!

■保湿成分に注目

冬場は空気が乾燥しやすく、肌もその影響を受けやすいです。
日焼け止めは少なからず肌の負担になりえますので、更に肌の乾燥を悪化させてしまいます。
乾燥肌の方は特に気をつけて、以下の成分に注目し、紫外線対策と一緒に保湿も心がけましょう!
【保湿成分の例】

  • セラミド
  • ヒアルロン酸
  • 植物エキス
  • コラーゲン
  • シアバター

冬こそオススメの日焼け止めランキング5選

冬にオススメな日焼け止めを、厳選してランキング方式でまとめました。
どの商品も、SPF/PA値低め紫外線吸収剤不使用保湿成分配合の3点は必ず抑えているので、ぜひ参考にしてください!

第1位:【ノエビア】ノブ UV ミルク EXSPF32/PA+++

ノブ 日焼け止めミルク
参考価格:2,160 (税込)
乾燥肌・敏感肌向けのブランドであるNOV(ノブ)のミルクタイプの日焼け止めです。みずみずしく軽いつけ心地で、塗った後もサラッとするので、キシみやベタベタ感が苦手な方にもおすすめです。
さらに肌への負担が少なくお湯で落とせるというのがうれしいポイントです。まさに冬場には最適な日焼け止めです。
もちろん紫外線吸収剤不使用ですが、白浮きなどもなく肌なじみがいいです。成分も無香料・無着色・低刺激なので、敏感肌の方や小さなお子様も安心して使うことができます。

第2位:【花王】キュレル UVエッセンスSPF30/PA+++

キュレル UVエッセンス
参考価格:1,198円 (税込)
キュレルUVエッセンスは、セラミドケアをしながら紫外線から肌を守ってくれるエッセンスタイプの日焼け止めです。
セラミド機能成分や植物エキス配合でしっかりと保湿できるので、敏感肌・乾燥肌の方におすすめです。また、セラミド機能成分が肌荒れしにくい肌作りをサポートしてくれます。
石鹸や洗顔料で簡単にオフできるのも便利です。白浮きしにくく肌に負担感のない使い心地で、肌をなめらかに整えるので、化粧下地としても使うことができます。

第3位:【アクセーヌ】マイルドサンシールドSPF28/PA++

アクセーヌ マイルドサンシールド
■参考価格:2,578円 (税込)
こちらは敏感肌用の化粧品を多数手掛ける「アクセーヌ」の日焼け止め効果のある化粧下地です。SPF28/PA++と、日差しの強い日にはやや頼りない数値ではありますが、その分低刺激で肌にやさしいので、敏感肌の方や室内で過ごすことが多い方におすすめです。
パーフェクトヴェール」というアクセーヌ独自の技術によって、紫外線散乱剤が直接肌に触れないように設計されているそうです。
基本的に化粧下地なのでクレンジングでのオフは必要になりますが、ファンデーションのノリも良くなるので、普段からしっかりとベースメイクをする方は、ぜひ試してみてください。

第4位:【ユースキン】ユースキンS UVミルクSPF25/PA++

ユースキンS UVミルク
参考価格:798円 (税込)
こちらは、小さな子どもや敏感な肌を毎日の紫外線から守る日焼け止め(子ども向け)です。
SPF25/PA++と弱めの数値なので、冬場の通勤通学や外出が少ない日などの使用に最適で、肌への安全性という意味では最も安心感があります
うるおい成分「ヒアルロン酸」「しその葉エキス」を配合し、うるおいを保ちながら肌にやさしい紫外線対策ができます。
石鹸で簡単に落とすこともできるので、親子で冬の紫外線対策をはじめてみてはいかがでしょうか?

第5位:【オルビス】サンスクリーン(R)オンフェイス モイストSPF34/PA+++

オルビス サンスクリーン
参考価格:1,036円 (税込)
こちらはUVカット、下地効果、保湿ケアの役割を果たしてくれる日焼け止めで、「モイスト」というしっとりタイプです。
UVカットは日常使いには申し分ない強さで、化粧下地として肌を整える効果もあるので、ちょっとしたお出かけなどにはこれ1本で十分です。
使い心地はみずみずしく化粧下地にしては軽めで、塗るとしっとりと馴染んでお肌にツヤ感が出ます。マットな仕上がりが苦手な方におすすめです。
美容成分はなんと80%も配合されていて、しっかり保湿してくれます。さらに、テクスチャの伸びがいいためコスパも抜群なのがうれしいポイントです。

冬には冬の紫外線対策が大切です

紫外線対策は美肌づくりの基本です。シミや老化を予防するために、紫外線が弱い冬場や曇りの日でも、日焼け止めを塗るようにしましょう。
冬の紫外線はそれほど強くないので、肌にやさしい日焼け止めを選んで、季節やその日の予定で使い分けることも大切です。
毎日の紫外線対策で、いつまでも若くいられる健康的な肌をつくりましょう!

タイトルとURLをコピーしました