日焼け止めと化粧下地は両方使った方がいい!? 正しいベースメイク方法をご紹介

スキンケア

ベースメイクをする時、日焼け止めと化粧下地を両方使うか、どちらかひとつだけにするか、迷ったことはありませんか?
結論から先に言ってしまうと、両方使うのが正解! 併用した方がいい理由から、正しいベースメイクの手順、オススメの日焼け止めや下地まで一挙にご紹介します♪

1. 日焼け止めと化粧下地を併用した方がいい理由

お肌のためにしっかりと紫外線対策をすることが重要だということは、皆さんご存知のことと思います。
shutterstock_214008958
“肌老化の原因は80%が紫外線!!”といわれている時代ですから、季節に関係なく年間を通して日焼け止めを塗っている方も多いのではないでしょうか?
最近でも、日焼け止め効果が含まれる化粧下地はたくさん販売されていますが、正しい方法で使わなければ日焼け止め効果は得られません。適当に肌になじませているだけでは効果が得られないということを覚えておいていただきたいと思います。
本当に美しい肌を保ちたいのなら、紫外線対策は絶対に手を抜いてはいけないのです!

実は、「日焼け止め効果のある下地」の効果はほぼないと考えてよい!

日焼け止め効果があると表記されている化粧下地を使っているから大丈夫!と思っている方も多いと思います。
でも実は、“SPF50・PA++++”などと表記されているメイク下地を使っていたとしても、正しい使い方をしていなければ効果はないのです。
どういうことかと言うと…
化粧下地の使用量の目安は、だいたいどこのメーカーの商品にも“パール1粒~2粒分”と表記されています。これはベースメイクの仕上がりを一番良く見せるために必要な量。
一方で、日焼け止めの正しい使用量は“500円玉1枚分”と表記されています。化粧下地に表記されているSPF値やPA値の効果を得るためには、500円玉1枚分の量を使用しなくては効果が得られないのです!
shutterstock_673695136
でも、化粧下地をこの分量で使うとなると厚塗りになってしまうし、ベタベタになってしまいますよね。
化粧下地は、肌をきれいに見せるためのもの。紫外線から肌を守るという効果は、オマケ程度なものだと思っていただいて構わないと思います。
ちなみにBBクリームなどの化粧下地のいらない化粧品も同様です。肌に薄く伸ばして塗っているだけでは効果がないのです!
shutterstock_521702260
上記の説明でわかるように、日焼け止めと化粧下地は併用したほうが良いと言えます。
化粧下地を塗った上に日焼け止めを塗ってしまうと、先に塗った化粧下地がよれてしまうので、先に日焼け止めを使用するようにしましょう。

2. 正しいベースメイクの方法とは?

日焼け止めと化粧下地を使用するときの順番は、上記の通り、日焼け止めが先です。
日焼け止めを500円玉1枚分手のひらに出し、おでこ・頬・鼻・口角・顎の五ヶ所に置きます。その後、顔の内側から外側に向かってまんべんなく、顔全体に伸ばして塗っていきます。塗り終わったら軽く手のひらで押さえてパッティングします。
目尻やほうれい線、小鼻のキワや目頭などは、指先で丁寧に優しく伸ばしてください。さらに、顔全体を指先で軽くポンポンと叩いてなじませます。
“日焼け止めが乾いてから”、化粧下地を規定量顔に塗ってください。この時にも、日焼け止めを塗るときと同様の方法で塗っていくとよりキレイなベースメイクに仕上げることができるので、ぜひ試してみてくださいね♪
最後にお手持ちのファンデーションやパウダーで仕上げをしてください。
繰り返しますが、ベースメイクは“日焼け止めが先”です! お間違えのないように♪

3. ベースメイクにオススメの日焼け止め

■コンビニやスーパーでも購入できる定番の日焼け止め

アリィー/エクストラUVジェル(ミネラルモイスト ネオ)

01.アリィー/エクストラUVジェル(ミネラルモイストネオ)出典:カネボウ

SPF50+/PA++++
40g ¥1,400(税抜)
90g ¥2,800(税抜)
ジェルタイプならではのサッパリとした使い心地と、高UVカットを両立。汗や水に強いウォータープルーフタイプでUVカット効果が長時間持続します。
ヒアルロン酸と美肌トリートメントエッセンス配合で保湿効果もあり、お肌にも優しいのがポイント。気になる肌の凹凸にも入り込み、均一な膜を作ることでムラ焼けを防いでくれます。

■ぷるぷるのウォーターカプセルinで伸びがとても良い日焼け止め

ビオレ/UV アクアリッチ ウォータリージェル

02.ビオレ/UV アクアリッチ ウォータリージェル

出典:花王

SPF50+/PA++++
90ml オープン価格(約¥800)
汗や水に強いウォータープルーフの耐久型ジェルです。ぷるぷるのウォーターカプセルinで伸びも良く使いやすいです。
ヒアルロン酸・ローヤルゼリーエキス成分配合による保湿効果や、光ベールで明るい美肌に見せてくれる効果もあります。

■汗・水を感知すると紫外線防御膜を強化する最強の日焼け止め

資生堂/パーフェクトUVプロテクション N

03.資生堂/パーフェクトUVプロテクション N

出典:資生堂

SPF50+/PA++++
50ml ¥4,500(税抜)
汗や水さえも味方につけてしまう最強といえる日焼け止めのご紹介です!
資生堂独自のウェットフォーステクノロジーは、汗や水に反応して紫外線防御膜を強化する世界初の新技術。振ってから使う二層タイプで付け心地や伸びも良く、白く残らず透明な仕上がりです。
もちろんウォータープルーフタイプで汗や水にも強いです。保湿成分も配合されており、きしみ感も乾燥感もなく、まさに最強の日焼け止めと言えるでしょう。

4. 絶対に焼きたくない人にオススメの化粧下地

■キャップ部分に紫外線センサーが付いている優れもの

アスタリフト/ホワイト パ^ふぇくとUVクリアソリューション

04.アスタリフト/ホワイト パーフェクトUVクリアソリューション

出典:富士フィルム

SPF50+/PA++++
30g ¥3,790(税込)
アスタリフト独自のライトアナライジングパウダーが配合されており、光の吸収と反射をコントロール。ほんのり色付き、肌をライトアップしてくれます。伸びもよく、さらっと軽いのにしっとりした着け心地。
キャップ部分はなんとUVセンサー付き。色の濃度で紫外線濃度がわかり、塗り直しのタイミングを教えてくれるという面白い仕組みです。
紫外線を浴びると弾けるカプセルで、美容成分が肌に浸透。日中のスキンケアもバッチリです。

■夕方までうるおいが続く美容乳液タイプの化粧下地

エリクシール/シュペリエル デーケアレボリューション W+ⅠⅠ

05.エリクシール/シュペリエル デーケアレボリューション W+㈵㈵

出典:資生堂

SPF50+/PA++++
35ml ¥2,800(税抜)
化粧下地・美容乳液・UVカットの効果を持つ薬用デーエイジング美容ケア商品。肌に絶え間なくうるおいを与え続けながら乾燥小じわも防いでくれる優れものです。
うるおいを閉じ込めるピルが配合されており、なめらかな肌に整え、ファンデーションのつきもよくしてくれるという嬉しい効果も。30代からのエイジングケアにもオススメの化粧下地です。

■アンチエイジングケアもできるウォータープルーフタイプの化粧下地

DEWボーテ/UVプロテクトエッセンス

06.DEWボーテ/UVプロテクトエッセンス

出典:カネボウ

SPF50+/PA++++
60g ¥3,000(税抜)
ハリを与え、手に密着するようなしっとりとした肌へと導いてくれる、日焼け止め効果もある美容化粧下地。フランスブルターニュ産海藻エキス配合で、肌の奥深くに浸透して保湿効果もバッチリです。
ウォータープルーフタイプながら、付け心地はみずみずしくなめらかで、うるおいが持続します。

5. まとめ

日焼け止めと化粧下地を併用することで、日焼け予防は完璧にできます。いつまでも美しい肌でいるためにも、日焼け止め・化粧下地それぞれの使用量を守って効率的にUVケアしていきましょう。
年中しっかりとUV対策をして、パーフェクトな白美肌をキープしていきたいですね♪

タイトルとURLをコピーしました