肌の黒ずみをスッキリ解消! パーツ別のセルフケア方法

スキンケア

鼻や頬の毛穴をはじめ、ワキ、ビキニラインなどの「黒ずみ」に悩まされている方は多いと思います。
顔の黒ずみはメイクの邪魔になるし、すっぴんに自信が持てない原因にも。体の黒ずみは普段はそんなに目立ちませんが、薄着になる季節やお泊まりの機会が来たら…。できるだけキレイにしておきたいものですよね。
黒ずみはパーツごとに原因が異なります。スッキリと解消する秘訣は、まず正しい原因と対策を知ること。パーツごとの原因と自分でできるケア方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 顔の黒ずみを治すには?

顔の黒ずみは美肌の大敵。メイクではなかなかカバーできませんし、無理に隠そうとして気づけば厚化粧…なんてことも。
「いちご鼻」をはじめ、ブツブツとした顔の黒ずみにお悩みの方は、まずは原因からチェックしていきましょう。

1-1. 顔の黒ずみの原因

小鼻や頬、おでこ、こめかみなど、顔にできる黒ずみの主な原因は「酸化した皮脂・汚れ」。
毛穴から分泌された皮脂は、古い角質やホコリ、落としきれなかったメイクの残りなどと混じり合い、硬い角栓になります。
角栓が毛穴に詰まった状態を放置しておくと、空気に触れて酸化し、それが黒ずんで見えてしまうのです。
皮脂の分泌が正常であれば、毛穴に詰まることはありません。詰まってしまうのは、皮脂が過剰に分泌されているから。
もともとオイリー肌の方だけでなく、睡眠リズムや食生活が乱れると皮脂の過剰分泌が起こりやすくなります。
また、洗顔のしすぎやあぶらとり紙の使いすぎも要注意。皮脂を落としすぎると肌が乾燥し、かえって皮脂が過剰に出てしまうという悪循環に陥りかねません。
スキンケア不足も、過剰なスキンケアも、顔の黒ずみを招く要因に。正しいスキンケア方法を実践することが、黒ずみ解消にはマストと言えそうです。

1-2. 顔の黒ずみを解消するセルフスキンケア

黒ずみは一朝一夕ではとれません。すぐにキレイにしたいからと言って、毛穴パックやコメドプッシャーで無理にとるのは厳禁!
肌を傷めてしまったり、毛穴が広がってしまったりする恐れがあるからです。そうするとまたそこに皮脂や汚れが詰まり、悪化すればクレーターのようなデコボコ肌に…。ここまでくるとセルフケアで治すのは困難です。
角栓詰まりによる顔の黒ずみを解消する近道は、「洗顔」。
もちろん数日ですぐに解消されるわけではなく、1ヶ月以上はかかると思ってください。
でも、肌のコンディションを根本的に整えることができるので、一時的な解消ではなく今後の再発防止にも効果的。
一時的な対策で肌を傷つけて悪化させるより、地道に向き合ったほうが結果的には賢いと思いませんか?

<黒ずみを解消する正しい洗顔方法>

■刺激の強い洗顔料は使わない

オイリー肌用の洗顔料、スクラブ洗顔料、強力なクレンジング剤など、刺激の強い洗顔料を使うと必要な皮脂まで洗い流してしまうことに。
朝はぬるま湯だけでの洗顔、夜は毛穴ケア専用の低刺激洗顔料を使いましょう。酵素洗顔料も毛穴ケアには有効ですが、洗浄力が強いので使うなら週1回程度で。

■たっぷりの泡で優しく洗う

毛穴詰まりを除去しようとゴシゴシこすってはいけません。洗顔ブラシなども使い方次第で肌を傷つけてしまいかねないので、使わないほうが無難。
洗顔料をたっぷり泡立て、泡で肌を撫でるような感覚で優しく洗いましょう。

■しっかり保湿する

乾燥は皮脂の過剰分泌につながるので、洗顔後の保湿は丁寧に。肌質にもよりますが、黒ずみが気になる部分には、油分を含む乳液やクリームなどを塗らないようにしてみるのもおすすめ。

■洗いすぎない、触りすぎない

洗顔は朝と夜の2回で十分。黒ずみが気になって手やピンセットでいじるのもNGです。

2. ワキの黒ずみを治すには?

ワキのムダ毛をキレイに処理しても、黒ずみが消えないと人目にはなかなか晒せませんよね。薄着や水着を堂々と着こなすためにも、きちんと対策をしておきたいもの。
ワキの黒ずみの主な原因は、顔の黒ずみとは異なるケースが多いです。

2-1. ワキの黒ずみの原因

ワキが黒ずんでしまう大きな原因は、「メラニン色素の沈着」。
人間の肌は刺激を受けると、肌を守るためにメラノサイトという細胞がメラニンを分泌します。メラニンは黒い物質なので、刺激により過剰分泌されて肌に残ると、それが肌の黒ずみにつながるのです。
ワキは皮膚が薄く、皮膚を守るために太い毛が生えがちなので、ムダ毛処理に苦労している方も多いのでは?
でも、毛抜きやカミソリでの自己処理は刺激が強いため、何度も繰り返していると色素沈着が進んでしまいます。
また、服による擦れで色素沈着が起きたり、蒸れることで皮脂が溜まり毛穴詰まりが生じたりしている可能性も。

2-2. ワキの黒ずみを解消するセルフスキンケア

ムダ毛処理は、医療機関でレーザー脱毛を施してもらうのがベスト。ただ、費用面などで難しい場合は、できるだけ肌に負担のかからない処理方法を工夫しましょう。
処理前には必ずクリームを塗る。毛抜き、刃の鋭いカミソリ、電動毛抜きなどは使わず、肌に優しいカミソリを使う。肌に刃を滑らせる回数をできるだけ減らす。そして処理後には化粧水・乳液・クリームなどでしっかりケアする。
この一連の流れを怠らないようにしましょう。
世界100ヶ国以上で販売されており、日本では小林製薬が取り扱っている「バイオイル」というオイルを塗る方法もあります。
植物成分主体の保湿用オイルで、傷跡や妊娠線を保湿によりキレイにしていくというもの。毎日朝晩に使って、数ヶ月かけて様子を見ていきます。
01.バイオイル_preview

  • 商品名:バイオイル
  • メーカー名:小林製薬
  • 価格:25ml・700円、60ml・1,600円、125ml・2,800円、200ml・3,800円
  • 公式サイト

ワキの黒ずみ専用クリームを試してみるのも◯。
口コミで評判の「アットベリージェル」は、美白成分や保湿成分が配合された医薬部外品のクリーム。通販での購入になりますが、初回や定期購入向けのお得なキャンペーンもあります。
02.アットベリージェル_preview

  • 商品名:メニーナ ジュー 薬用アットベリージェル
  • メーカー名:ファーストフレンズ
  • 価格:60g・6,857円
  • 公式サイト

3. ビキニライン・デリケートゾーンの黒ずみを治すには?

普段人から見える場所でなくても、自分では気になるのがVIOラインの黒ずみ。友達と温泉や海に行くときも厄介ですよね。
デリケートな部位だけに、間違ったケアをすると肌を傷つけてしまう恐れがあります。正しい原因と対策を見ていきましょう。

3-1. ビキニライン・デリケートゾーンの黒ずみの原因

加齢・妊娠・出産などでも黒ずみやすいVIOですが、それ以外の主な原因は、ワキと同じ「メラニン色素の沈着」。
ショーツや生理用品による擦れ・締めつけ、ムダ毛処理など、ビキニラインやデリケートゾーンは外部からの刺激を受けやすいパーツ。
まぶたよりも薄い皮膚でできているため、お風呂でゴシゴシ洗うのも大きなダメージになります。
特にデリケートゾーンの洗いすぎは、黒ずみだけでなく臭いの原因にも! 皮膚に必要な菌まで洗い流されてしまい、自浄作用が弱まって雑菌が繁殖しやすくなるのです。
VIOは外から見えにくい部分なので、黒ずみを気にしすぎる必要はありませんが、常に清潔に保つためにも正しいケア方法を覚えておきましょう。

3-2. ビキニライン・デリケートゾーンの黒ずみを解消するセルフスキンケア

ビキニラインは、ショーツの見直しが重要。
ゴムの締めつけが強いもの、サイズが小さめのものはやめて、肌への負担が少ないものを選びましょう。ゴムのないシームレスのショーツもおすすめ。
素材は、コットンやシルクなどの天然繊維を。ポリエステルのかわいいショーツもたくさん販売されていますが、黒ずみ解消を目指すのであれば控えるようにしましょう。
VIOラインのムダ毛処理をする際は、ペンタイプの電気シェーバーがおすすめです。長い毛はあらかじめカットし、シェービング用ジェルを塗ったあと、毛の流れに逆らわないように剃っていきます。
ただ、自己処理は肌を傷つけるリスクもあります。美容クリニックのレーザー脱毛や、それより即効性はありませんが費用が安い脱毛サロンのフラッシュ脱毛を検討するのも手です。
デリケートゾーンの洗浄は、ナイロンタオルなどでゴシゴシしないこと。弱酸性の石けんやデリケートゾーン専用のソープをしっかり泡立て、泡で撫でるように優しく洗います。入浴後はデリケートゾーン専用の保湿剤で保湿をすると◎。
デリケートゾーンの他にバストトップやワキなどにも使えるイビサクリームは、肌に優しい美白成分のトラネキサム酸や、保湿成分のヒアルロン酸などを配合。無添加なので安心して使えます。
03.イビサクリーム_preview

  • 商品名:イビサビューティー イビサクリーム
  • メーカー名:ファイブテイルズ
  • 価格:35g・7,000円
  • 公式サイト

4. まとめ

美ボディを目指すなら、黒ずみは少しでも解消したいもの。洗い方、保湿の仕方、ムダ毛処理の仕方などを見直すだけでも、美肌への大きな一歩になります。
外側からのケアだけでなく、内側をキレイにすることも忘れずに。睡眠不足、暴飲暴食、運動不足、ストレスフルな生活などは、すべて美肌の邪魔をしています。
外側のケアも内側のケアも、まずは日常生活を見直すところから。美肌をできるだけ早く手に入れるなら、急がば回れ!です。小さなところからコツコツがんばっていきましょう♡

タイトルとURLをコピーしました