パサつくのなんで?パサつく髪にはアミノ酸シャンプーがおすすめな理由

ヘアケア

シャンプーやコンディショナーにこだわっているのに髪のパサつきが改善されない!って悩みありますよね。
髪にパサつきがあると、正直なところ見た目年齢は上がりがちで老けて見えてしまうのがとってももったいないんです。逆にうるツヤ髪だと実年齢より若く見えるのです。
パサついた髪にデメリットしかありません。髪のパサつきが、生まれつきだから、髪の癖のせいと諦めていませんか?実はそのパサつき、アミノ系シャンプーでかなり改善できるんです。
だた、アミノ酸系シャンプーを使えばいいというわけでないというのが今回の肝になる部分です。
アミノ酸系シャンプーがパサついた髪の方におすすめの理由と選び方、具体的に評判の高いシャンプーをまとめました。うるツヤ髪にしたい!という方の毎日のシャンプーに役立ててください。

1.アミノ酸系シャンプーがパサつく髪におすすめな理由

アミノ酸シャンプーとは聞くし、人気があるようだけど、このアミノ酸って一体なんのことなんでしょうか?
shutterstock_394689028

アミノ酸が頭皮にもっとも優しい成分だ・か・らおすすめ!

アミノ酸系シャンプーのアミノ酸とは洗浄成分のひとつのこと。このアミノ酸がなぜパサついてしまう髪質の方におすすめかというと一般的なシャンプーに使われる洗浄成分の中でアミノ酸の成分が頭皮に優しい成分だからです。
頭皮についた皮脂や汚れ、汗を清潔に保つ目的でシャンプーを使うのですが、この洗浄力が強いシャンプーは実はデメリットしかないんです。
洗浄力が強いシャンプーを使うことで起こりやすいのが髪のパサつき!
パサつく原因は要は、洗浄力が強すぎるシャンプーを使っている可能性があります。なのでパサつく髪には、洗浄力が強くないが頭皮にも優しいアミノ酸シャンプーがおすすめなんです。

シャンプーの洗浄力を気にして購入している人はかなり少ない!

シャンプーって商品のラベルにも様々なアピールポイントが掲載されていて、いかにも髪に良さそうな雰囲気がかもし出されていますが、。
『期待して使ってみたけど結果イマイチなシャンプーだった』
ってことありませんか?そういった体験をした方にとって共通することは、洗浄成分を気にしなさすぎなところです。気にしないのも当たり前、洗浄成分が強いです!とは書いてないですし、洗浄力が地肌に優しいってあまりアピールポイントにならないですもんね。
しかし、パサつきを気にする方にとっては、とりわけ洗浄力は重要なポイントなのです。

アミノ酸シャンプーを使うことで洗浄力が優しいことがパサつき防止にはもっとも重要なこと

洗浄力が強いシャンプーは実はあまりメリットがありません。

  • パサパサした髪質に
  • 地肌が乾燥する
  • 髪が乾燥する
  • 地肌が乾燥することでフケが発生しやすい
  • 極端な乾燥により不必要ひ皮脂が分泌されてしまうことも

などなど、特に肌自体が乾燥肌という方にはおすすめできません。
今のところアミノ酸シャンプー以上に地肌に優しいと言われている洗浄成分は市販のものではありませんでした。
美容成分がふんだんに入っていても洗浄力が強すぎては効果は発揮されません。しっかりとアミノ酸シャンプーを選んでいきましょう。
アミノ酸シャンプーがパサつく髪の方におすすめなのは変わってきたと思うのですが、アミノ酸シャンプーは選ぶのが難しいシャンプーでもあります。
選ぶときに大切なポイントを次項でわかりやすく解説していきます。

2.アミノ酸シャンプーの実はここが難しい!選ぶときの重要なポイント

アミノ酸シャンプーと書かれているシャンプーはたくさんありますが、実は選ぶのが難しいシャンプーといってもいいと思います。気をつけるべき選ぶポイントは2つです。

ポイント①アミノ酸シャンプーは高価なのが当たり前

そもそもアミノ酸自体高価な洗浄成分です。なので安価すぎるアミノ酸シャンプーは配合量が少ない可能性が非常に高いです。
パサつきを改善したい方で、アミノ酸の効果を狙いたい方は、基本的に安すぎるものは避けた方がいいでしょう。
これは、アミノ酸シャンプーはその配合量に限らず、少量でも入っていればアミノ酸シャンプーと表記することができるので明確にどのぐらい配合されているのかはわかりにくいので金額は一つの目安になるかと思います。
安すぎるシャンプーはその容量に対しての金額で比較し、安すぎるものには気をつけて欲しいのですが、金額の感覚とは人によって違うこともありますよね。
金額以外にも選ぶポイントはもう一つあります。

ポイント②成分表示の水の次にアミノ酸成分が表記されているかチェックする

シャンプーの安い、高いの目安がわかりにくい!と感じる方もいますよね。そんな時はシャンプーパッケージの裏にある成分表示をみてください。
成分表示はシャンプーに限らず、配合量が多い順に記載するように義務付けられているため、表示がなるべく前にあることが重要ポイント。
スクリーンショット 2017-10-10 17.15.42

成分表 例

ただ、アミノ酸の成分はここではアミノ酸とは表記されずアミノ酸の中の成分名で表記されています。アミノ酸の表示がどのようなものがあるのか次項にまとめたのでシャンプー選びのときに参考にしてください。

  • ラウロイルグルタミン酸
  • ラウトイルサルコシン
  • ココイルサルコシン
  • ココイルメチルタウリン
  • ココイルメチルアラニン
  • ラウロイルメチルアラニン
  • ココイルグルタミン酸
  • 植物性アミノ酸|ヤシ油脂肪アシルグルタミン酸TEA液

などが、アミノ酸の成分表記になります。水の次にいづれかの成分があればアミノ酸の配合が多いと考えても大丈夫だと思います。
アミノ酸シャンプーを選ぶ時は、この2つのポイントが大切です。髪を美しくするのは、トリートメントと思いがちですが、髪のパサつきやダメージを改善するには地肌環境から整えて、髪を健康にすることが根源としては大切。
そのためシャンプー選びが何より重要。なので地肌を痛めてしまう洗浄力の強さ、刺激をしっかり選んでいきましょう。具体的におすすめのアミノ酸シャンプーを選んだので成分表と共に紹介していきます。

3.おすすめのアミノ酸シャンプー3選

スカルプDボーテシャンプー

スクリーンショット 2017-10-10 17.47.53

3900円/350ml 参考:スカルプDボーテ

アミノ酸の成分としては、ヤシ油脂肪酸サミドプロビルペタイン液などが使用されており、アミノ酸ベースのシャンプー。約4000円とはちょっと高いですが、おすすめのシャンプーです。

ミノン薬用ヘアシャンプー

スクリーンショット 2017-10-10 17.54.07

1318円450ml ノンシリコン 参考:第一三共ヘルスケア

アミノ酸系にしては安い設定は大手ならではの生産ラインにあります。頭皮のうるおいを守りながら洗えるシャンプーとして、洗浄成分はヤシ油脂肪酸アシルグルタミン酸TEA液・ラウロイルメチルβ・アラニンNa・ヤシ油脂肪酸アミドプロピルベタインなど植物性アミノ酸洗浄成分を使用しているシャンプー。

ノンシリコンなので、保湿成分がほとんど入っていないので洗うときしみを感じるのでオイル系のヘアアイテムを一緒に使うのがおすすめです。

ジュレームリラックスシャンプー

スクリーンショット 2017-10-10 18.03.53972円 500ml 参考:コーセー

主な洗浄成分はココイルグルタミン酸をベースにノンシリコンのシャンプー。低刺激でもっちりした泡なのでノンシリコンの割にきしみが少ないです。香りもいいので柔らかく細い髪の方におすすめ。

アミノ酸シャンプーを選ぶ時は裏の成分表示をチェックしてみてください。
自分が気に入ったアミノ酸シャンプーを見つけたらそれだけではまだ足りません。それは毎日行う髪の正しい洗い方をした初めてケアになります。今更という感覚かもしれませんが洗い方を見直しておきます。地味ですが大切なことです。

4.シャンプーの効果を向上させる髪の正しい洗い方

なんとなくぼんやりシャンプーしてしまっていませんか?正しいシャンプーを意識することで地肌環境はガラリと変わります。

ステップ⑴ブラッシングで汚れを浮きやすくする

お風呂の前にブラッシングで髪の絡みをほぐして汚れを落とします。
shutterstock_206609122

ステップ⑵予洗いで頭皮をマッサージする

シャンプーをする前にシャワーで頭皮を揉みながら予洗いします。予洗いをしっかりすれば実は汚れは7割は落ちると言われているんです。
頭皮マッサージは爪を立てないように指の腹を使って行います結構力を入れても気持ちいい加減がおすすめ。

ステップ⑶シャンプーは泡だててから使う

シャンプーは多く使っても効果が上がるわけではないので髪の量で使います。シャンプーは原液を直接頭皮につけるのではなく泡だててから使うようにしましょう。まずは頭頂部から指の腹でマッサージ。
生え際や耳のこめかみ、首の襟足辺りは丁寧に洗い、髪の毛自体は全体的にしっかりもみ洗いします。

ステップ⑷しっかりシャンプーをすすぎます

すすぎ残しがないようにシャンプーを洗い流します。すすぎが雑だと汚れが頭皮に残ってトラブルの元になってしまいます。しっかりと揉みながら丁寧に洗い流してください。

ステップ⑸コンディショナーは毛先を重点になじませる

コンディショーは毛先を重点に優しくなじませます。シャンプーと同じくして量が多いからといって潤いが増されることはないので推奨の量を使いましょう。
すぐ洗い流してもいいのですが、1分〜3分おくとより浸透率はアップします。

ステップ⑹タオルドライも重要

ゴシゴシこすらず頭皮を揉むようにタオルドライをします。この時も頭皮は優しくマッサージをするように水分を取りましょう。毛先はタオルで包み込み両手でプレスするようにしましょう。

ステップ⑺ドライヤーの最後は冷風でキューティクルを閉じ込める

最後に濡れた髪をそのまま放置して就寝するのは絶対によくありません。髪が傷みます。ドライヤーで8割型乾いたら最後は冷風で仕上げることで髪のツヤを作るキューティクルが閉じ水分を保ちます。
パサつく髪の悩みには一つのテクニックなのでぜひ続けてくださいね。

5.まとめ

アミノ酸シャンプーはパサつく髪の悩みを持つ方におすすめのシャンプーです。選び方から丁寧な洗い方をぜひ続けてみてください。地肌環境が変われば髪質も徐々に変わってきます。

タイトルとURLをコピーしました