頭皮がかさぶただらけ?!かさぶたができる理由と1日も早く治ししたい人の対処方法

ヘアケア

シャンプーをしているのにフケがなくならないと悩んでいる方。もしかしたらそれはかさぶたかもしれません。繰り返しかさぶたができてしまっている方は『かさぶたを剥がすのが癖になっている』なんて方も少なくありません。
頭のかさぶたを見つけた時の対処方法と、かさぶたができる原因を調べてみました。
カラーやブリーチのやりすぎて頭皮に不安を感じているからの参考にしてください。

1.頭皮にかさぶたが出来てしまう2つの理由

シャンプーで髪をしっかり洗ったのに、頭皮に痒みを感じてしまう時、ポリポリとかいてしまいますよね。それがだんだん癖になってしまう人は少なくありません。
かゆみを感じていなくとも、シャンプー時に爪を立ててガシガシ洗ってしまうと、 頭皮は傷ついて荒れます。 荒れてしまった頭皮は脂分の過剰分泌となり傷がかさぶた化して剥がれ落ちてフケが出やすくなってしまうのです。

理由①フケが原因

乾燥したフケが毛穴周辺を塞ぎ、雑菌が繁殖して頭皮が炎症、脱毛が起こります。炎症が強い場合、フケが瘡蓋(かさぶた)状になり、毛穴を塞くこともあります。

理由②頭皮へのダメージが原因

頭皮へのダメージとは、日常で行なっているヘアケアが実はかさぶたの原因になってしまうことがあります。

  • 市販のシャンプー
  • ヘアカラー、ブリーチ

市販のシャンプーでラウレル硫酸系など洗浄力が強すぎるものだと頭皮が乾燥。かさぶたできてしまう場合があります。ヘアカラーも薬剤ですので、髪の毛が痛むように頭皮へのダメージにもなってしまいます。ブリーチを繰り返したり、もともと肌が弱いのにカラーやブリーチを繰り返したりすることで頭皮では抱えきれないダメージがかさぶたになってしまいます。

2.頭皮かさぶたが治りにくい理由

頭皮がかさぶただらけ、なんてちょっと嫌ですよね。腕などのかさぶたよりも治りにくいのは頭皮かさぶたの特徴でもあります。
髪の毛が生えていることで、ケアしにくいことだったり治し方がわからないというのが治りにくい根本にあります。
①頭皮への刺激・乾燥・摩擦|洗浄成分が強いシャンプーでの過剰な乾燥・摩擦

②刺激・乾燥・摩擦によるかゆみ|かゆみを感じるとかいてしまうものそれがやがて出血するほどの傷に

③かさぶた・過剰なフケ|傷になってしまうことでフケ・かさぶたが出来ます

④かさぶたを剥がす・触る|頭皮かさぶたが出来てしまうと剥がしてしまったり触ってしまったり
かさぶたが完治する前にブラッシングやシャンプーを行うのでなかなか治りにくいのです。

3.頭皮がかさぶただらけになってしまった時の対処方法

頭皮のかさぶたが繰り返し出来てしまうと、治し方がわからないですよね。1日でも早く治したい方の対処方法をまとめました。

気になっても触らない

かさぶたができるとつい触ってしまって、かさぶたを剥がしてしまいたい衝動がありますよね。しかし触ってはいけません。もちろん剥がすのは治りを遅くするのでやめましょう。
どうしても気になってしょうがないという場合は、セラミドなどの保湿クリームを塗るといいですよ。

かさぶた部分は湯シャンで済ます

かさぶたができてしまうとシャンプーはしていいのかどうか迷いますよね。シャンプーは洗浄成分によっては頭皮の刺激になってしまいます。シャンプーで洗うのは避けて湯シャンだけで済ましておくのがおすすめ。

睡眠時間を確保する

寝ている間に傷の修正を細胞は行うので、睡眠不足では傷自体なかなか治りにくいのです。かさぶたを1日でも早く治したいときは睡眠時間の確保は必須です。

シャンプーを変える

もし、『かゆみ』を感じたことが原因で頭皮のかさぶたであれば現在使っているシャンプーを変えることをお勧めします。シャンプーの洗浄成分が頭皮にあっていない可能性があります。
頭皮に優しいシャンプーはアミノ酸系の洗浄成分を使っているものがおすすめです。ポンプから出したままのテクスチャーを頭皮につけるのではなく泡だてた状態でシャンプーするだけで刺激をかなり軽減させることができます。

皮膚科へ診断する

頭皮のカサブタが1日も早く治したい場合は、皮膚科への診断をしてください。適切な薬を処方してもらえることで治りを早めることができます。

4.かさぶたケアにおすすめのアイテム

頭皮かさぶたにおすすめのケアアイテムを市販のものからまとめて紹介します。

ヒリヒリを感じる|メンソレータム メディクイック 軟膏R

 
頭皮 ケア

出典:Amazon

単なる手荒れと思って保湿ケアをしていても、なかなか治らない・・・こんな症状ありませんか。

  • 洗剤・シャンプーでかぶれる
  • 水がしみるほど割れて痛い
  • 小さな水ぶくれや湿疹ができる
  • 眠れないほどかゆさが気になる

水仕事や手指を使う作業によって皮フの油分・水分が奪われ、乾燥症状が悪化すると、外的刺激に負けやすくなり、炎症や湿疹、つらいかゆみなどの症状を引き起こすことがあります。そんな手湿疹や洗剤かぶれを早く治すには、がまんせずに“効く治療薬”で症状をおさえることをおすすめします。引用:Amazon

かゆみを感じる|【第3類医薬品】日本薬局方 白色ワセリン 500g

頭皮ケア出典:Amazon

かゆみを感じるところに塗ることで長い時間保湿することができます。乾燥の予防として使うことができます。硬めのテクスチャーなので塗りごたえもあり、価格も高すぎません。頭皮以外にもかゆみを感じるところにも使うことができますよ。

エマゼン軟膏

頭皮ケア

出典:Amazon

水仕事・お掃除など働く手は、多くの刺激を受けかゆみ・湿疹を引き起こしがちです。エマゼン軟膏は、かゆみの原因となる炎症症状をしずめ、なめらかで健やかな手肌へ導きます。患部にしっかり密着する軟膏タイプです。引用:Amazon

ひどい炎症・ただれ・膿んでしまった傷口には塗らないようにしてください。湿疹、皮膚炎、あせも、かぶれ、かゆみ、しもやけ、虫さされ、じんましんに使用することができます。

5.まとめ

シャンプーが多様化している中で、自分の頭皮に合わないシャンプーを使っていて、頭皮の乾燥がひどくなってしまって頭皮かさぶたに悩んでいる方が増えています。シャンプーをしているのにフケが止まらないという場合かさぶたかもしれません。もったいないですがシャンプーを変えることを検討してかさぶたを完全になくなるまでケアをしてあげましょう。

タイトルとURLをコピーしました