産後のひどい抜け毛はほおっておいていいの?原因とおすすめの対策方法

ヘアケア

赤ちゃんを産んでから、朝起きた時・髪を洗った時・髪をブラッシングした時に気にしないわけにはいかない量の抜け毛。忙しい育児の合間にも不安はありますよね。
そこで今回は、産後に起こる抜け毛の原因とおすすめの改善方法を紹介します。なるべく育児の合間にできるもので厳選したので役立ててください。

1.産後に発生する抜け毛の原因

原因①女性ホルモンの低下

産後に発生する抜け毛の原因は、女性ホルモンが深く関係しています。妊娠中は体毛が増えてしまうのですが、出産を終えて分泌が盛んになっていた女性ホルモンが元に戻ることで、抜け毛が起きてしまうのです。
出産後の抜け毛は、抜ける必要のある毛なのです。
個人差はありますが一定の期間が過ぎれば抜け毛は落ち着きます。

原因②睡眠不足

出産を終えたと同時に始まる育児。早朝だったり深夜に起こされることばかりで、しっかりと熟睡できない日々が当たり前エスよね。睡眠不足な生活が長く続くことで、髪の毛の成長サイクルが崩れ抜け毛が多くなってしまいます。

原因③不安からくるストレス

もし初めての出産ならば不安は大きく、経験していたとしても育児は一言では言い表せられないほど大変なもの。
時には些細なことにもイライラしてしまったりとストレスを感じる要素は多いですよね。ストレスが常にある場合ホルモンバランス・自律神経が乱れ血流が悪くなり頭皮へ栄養が循環されなくなってしまうのです。

2.産後の抜け毛におすすめの7つの対策方法

産後の抜け毛はだいたい半年から一年続くとも言われていますが、一定の期間といっても長いですよね。対策方法もできれば長期的な目でみて無理は禁物です。

①『産後の抜け毛はしょうがない』ことを家族に話しておく

抜けている毛を自分以外に見られるのってちょっと嫌ですよね。常にコロコロを持ち歩いていてもどうしても見逃しがあるのは仕方ありません。
一緒に住んでいる家族や会うことのある友人にはあらかじめ伝えておいおくと気持ちが楽になりますよ。

②ヘアブラシに投資する

投資といってもヘアブラシには2000円ぐらいです。育児には忙しい時期ですが、髪をブラッシングすることはそこまで負担にならないと思います。
どうせ髪をとかすならば、少しでも美髪に近づけるものがおすすめ。
ヘアブラシをすることで、自然に抜ける毛をあらかじめ落とすこともできますし、動物性の毛を使っているものはツヤも与えてくれます。
基本はブラシを一本持っていれば長く使うことができますし、プラスチック製は静電気が起きやすく髪へのプラス要素がないので見た目が可愛くてもおすすめはしません。

  • 猪毛|硬い髪の人・艶が欲しい・毛量が多い人
  • 豚毛|敏感肌の人・髪質が柔らかい
  • 馬毛|コシがない髪におすすめ

ブラシの価格は2000円〜6000円の間で充分ですのでぜひ自分に合ったものを用意してください。
ヘアブラシを使うタイミングは朝起きた時、寝る前、シャンプー後の髪を乾かしたあとなどがおすすめです。

③スカルプケアシャンプーに変える

髪を洗う時、使用するシャンプーはスカルプケアのものがおすすめ。スカルプケアシャンプーとは、頭皮に優しい洗浄成分が使われており、さらに保湿成分もたっぷり配合されています。
頭皮の乾燥は抜け毛を増やしてしまう可能性があるので、頭皮に優しいアミノ酸系がおすすめ。

④ヘアカラーよりヘッドスパと選択する

妊娠中は美容院に行けずヘアカラーを我慢していた方も少なくないと思います。気分転換に髪を染めたいなんて思うかもしれませんが、抜け毛が気になる時は、ヘアカラーよりもヘッドスパがおすすめです。
自分自身で頭皮のマッサージを続けるのは辛いしめんどくさいですよね。ヘッドスパは1000円ぐらいから行ってもらえて頭皮の血流も促してくれて健康的な頭皮へ導いてくれます。
出産後はダメージになりやすいヘアカラーよりもヘッドスパがおすすめ。

⑤女性ホルモンに良いと言われる栄養素を積極的に摂る

女性ホルモンが不安定な産後直後は栄養バランスが考えられた食事が理想的ですが、積極的に摂取して欲しいのがホルモンにいいと言われてる食材。

  • 豆乳
  • 納豆
  • みそ
  • 甘酒
  • ナッツ類
  • 赤身のマグロ
  • アボカド など

毎日・毎食とは決めず、なるべく摂るように心がけるだけでもだいぶ違います。消費期限が長く持つものはまとめ買いしておくと小腹が空いた時などに食べることができますよ。

⑥できるだけ睡眠時間を確保する

髪は眠っている間に成長ホルモンが分泌され生えてきます。頭皮に汚れが詰まっていると、その活動の妨げになるので、シャンプーは朝シャンより夜が効果的。
寝不足になると活性酸素過多になりやすいのが問題で、健康的な頭皮環境を保つには、質の良い睡眠は必要不可欠です。
寝る前に入浴してリラックスできると、副交感神経が優位になって、睡眠の質が向上します。さらに血糖値が高いと成長ホルモンが出にくくなるので食事は就寝の4時間前に終えておくようにしましょう。

⑦できるだけストレスを抱えない

ストレスを全く抱えないというのは難しいもの。だからこそ、抱えないように自分を大切にする気持ちを忘れては行けません。ストレスを発散するには誰かの助けが必要なもの。甘えられる人が少ない、もしくは全くいないという方も、できるだけ甘えられる相手や、助けを求められる人を大切にして起きましょう。
いざという時に助けになる存在はとてもありがたいもの、自分も誰かにとってもそういった存在になるかもしれないと思えばストレスを少しは軽くすることができます。

3. 産後の気になる抜け毛対策に実践したこと

実際に、産後のひどい抜け毛体験をした方がどのように対策していた方を伺って見たので参考にして見てください。

体験談|帽子が必需品になった

抜け毛を気にしているのが嫌だったので、帽子は必需品でした。その時は気づかなかったけど、紫外線防止にもなるし、すっぴんを隠せたりと結構役立つし、すぐにできるのでおすすめです。

体験談|髪をバッサリ切った

ずっとロングだったんですが産後の抜け毛の量に驚き、思い切ってバッサリ切りました。ロングの時は抜け毛がどっさりとしてかなり気になったのですが、短い方がそこまで気にならないし、掃除も楽、髪を洗ったり乾かすのもとっても楽です。
髪はまた伸びるので、その時期だけは切っちゃうのもおすすめです。

4.まとめ

産後の抜け毛は驚くほどの量で『ハゲるんじゃないかな』とその不安感はかなりのものですよね。わかっていても実際の抜け毛を見るとショックは大きいもの。
全く気にしないのは無理なので、できることを行って見てください。

タイトルとURLをコピーしました