キレイに描けてにじまない!太すぎず細すぎないおすすめのペンシルアイライナー

アイ

アイメイクのキモと言ってもいいほど重要なアイライナー。ペン先の質が違うだけで描きやすさが変わり、発色によってメークの仕上がりはまったく変わってきます。今回はアイライナーの使い方と仕上がりごとにおすすめのアイライナーを紹介します!
まつ毛をしっかり埋めて大きな目に見せてくれるアイライナーを見つけることができますよ。

1.ペンシルアイライナーの使い方

ペンシルアイライナーとは、ペンシル型と芯を出して使うもので筆タイプと違ってにじまないので失敗しにくいのが特徴です。さらにメークのもちも良いです。
芯の部分を2mmから3mm出してまつ毛の生え際にそって、目頭から目尻に向かって描いていきます。
まつ毛とまつ毛の間に埋め込むように描くことで自然な仕上がりになります。ペンシルによって芯が柔らかい・固いがあるので好みのものを選んで、左右に小刻みに動かしながら描いていきましょう。
下ラインを引く場合はくっきり描くと、アイメークが濃い印象になるので仕上げたい印象に合わせて濃さを調節します。

2.インラインにアイライナーを引く時の注意点

最近のアイラインは『インライン(目の粘膜部分)』に引くのがブーム的ですが、目の粘膜部分は目を乾燥から守るために大切な脂質が分泌される腺があるところです。
アイラインで出口を塞いでしまうと、涙の量が少なくなったり、充血したり、目が乾きやすくなってしまったりとあるので目の粘膜部分は避けて使うのがおすすめです。

3.おすすめのペンシルアイライナー5選

ナチュラルにデカ目にしてくれるペンシルアイライナーを厳選してみました。

デパコス|アディクションペンシルアイライナー

Pencil Eyeliner出典:伊勢丹オンライン
参考購入価格:2700円
アディクション公式サイトはこちら
発色がよくて、太いラインもかけてしまうのでとても描きやすく、よれにくくダマにもなりにくかったです。

プチプラ|デジャヴュ ファインaクリームペンシル

なめらかに引けるクリームペンシルなのが最大の特徴です。
ペンシルアイライナー出典:デジャヴュ公式サイト
参考購入価格:1296円
かなーりなめらかにアイラインを引くことができて楽です。濃いというよりグレーっぽい発色なので透明感がアップする仕上がりを感じました。ナチュラルなメイクにはとってもお勧めできます。

デパコス|シャネル スティロユーウォータープルーフ

発色がとても良くてラインも太めのラインに仕上がりました。
Pencil Eyeliner出典:CHANEL公式
引っかかりもなく簡単にかける感じがあります。細い線というよりは太いラインが引けます。肌にも優しい印象。
参考購入価格:3240円
ちょっと高いけど芯の柔らかさと密着度を感じました。

デパコス|シュウウエムラ ドローイングペンシル

このアイライナーで引くと目の印象が強くなる気がします。鉛筆型だからかちょっとまつ毛に引っかかる印象がありました。
Pencil Eyeliner
出典:Amazon
参考購入価格2592円
鉛筆型だけど芯が柔らかめで力を入れると芯が折れちゃいそうなので使う時ちょっと慎重になります。

ラブライナー|ラブ・ライナーペンシル

Pencil Eyeliner出典:ラブ・ライナー公式サイト
描くときにちょっとボコボコした感じがあったのでムラになりやすい印象でした。発色ももう少しあってもいいかなあという感じです。
参考購入価格1296円
パッケージや広告は可愛いのにちょっと残念。

4.ペンシルアイライナーを使ったデカ目テクニック

ブラウンのペンシルアイライナーを使って、目頭部分にうすーく切れ込みを入れるとさりげなく目の横幅がひろがって見えて、目が大きく見えます。
リキットだと、舞台メイクっぽくなってしまうので、ナチュラルに仕上げるのがポイントです。

5.まとめ

ペンシルアイライナーでお気に入りのものを見つけられるとお人形のようなくりっとしたアイメイクに仕上げることもできます。肌当たりと描きやすさ発色を重視して選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました