パックの時間は長すぎると逆効果!?使用時間の目安や効果的な使い方は?

スキンケア

乾燥が気になる季節・・・保湿ケアはいつもより念入りにしたいですよね!
そんなときに役立つのがフェイスパック。お肌にたっぷりのうるおいを与えることができるので、手放せませんよね。
しかし!パックの美容液を肌へ浸透させるために、とにかく長時間使用してしまっていたり、就寝中も張りっぱなしにしている・・・なんてことはありませんか?
実は、フェイスパックは正しい使用方法で使わないと、美容効果が減少してしまうのです!
そこで、今回はパックの正しい使用方法をまとめました。乾燥が気になる季節だからこそ、パック正しく使って効果的な保湿ケアをしてくださいね!
 

パックの使用時間は?

■パックの使用時間は10分厳守!

美容成分たっぷりで、お肌に栄養とうるおいを与えてくれるシートタイプのフェイスパック。
肌の内側まで浸透させるために、とにかく長時間張りっぱなしにしてしまう・・・実はこれ、間違った使用方法なんです!
シートパックの正しい使用時間は10分!これ以上放置するのは、逆にお肌にとってよくないことです。

■長時間放置してはいけない理由

パックを長時間使用しては行けない理由は、肌が乾燥してしまうためです。
保湿成分たっぷりのパックなので、ずっと肌に貼っていてもいいような気がしてしまいますよね。
しかし、10分以上放置してしまうと、パックが乾燥し始めます。すると、乾燥したパックは、肌の水分や必要な皮脂まで吸収してしまうのです!
せっかくパックのおかげで肌がうるおったのに、放置のしすぎで水分を奪われてしまっては、元も子もありません。
使用時間はしっかり守って、正しい保湿ケアを心がけましょう!

パックの使用頻度は?

フェイスパックの使用頻度は、週1~2回がベストです。
乾燥が気になるからと言って毎日するのは、お肌にとって悪影響です!
実は、パックをしすぎると、角質が必要以上にふやけて弱くなるので、肌のバリア機能が弱まって、うるおいを保てない肌質になってしまうのです。
更に、敏感肌の方は、肌に密着するパック自体が肌への負担となって、逆に荒れてしまうこともあります。
また、脂性肌の方は、パックに含まれる美容成分の油分が、必要以上に肌にプラスされることで、過剰な皮脂分泌が起こり、ニキビや吹き出物の原因となってしまうこともあります。
フェイスパックは、しっかり使用頻度を守って使いましょう!

パックの効果的なタイミングは?


効果的でおすすめなタイミングは2回あります!

効果的なタイミング①:就寝前のスキンケアタイム

就寝前のスキンケアに、パックをプラスするのは一般的ですよね。スキンケアに加えるタイミングも重要です!

  • ①クレンジング・洗顔料で顔を洗う
  • ②化粧水で肌を整える
  • ③パックで肌にたっぷりうるおいを与える
  • ④乳液・クリームなど油分で蓋をする

③の工程にパックを入れることで、うるおいをしっかりと肌に閉じ込めることができます。
また、お風呂上がりで体が温まっているときは、パックの美容成分や保湿成分が浸透しやすくなるので、お風呂上がりのスキンケアがおすすめです!

効果的なタイミング②:朝メイクをする前に・・・

早く起きられた朝には、メイク前にパックをしましょう。
パックをしてからメイクをすると、メイクののりが明らかに変わりますし、持ちも格段に良くなります!
出勤前は時間がなくて難しい・・・という方も、ぜひ特別なデートの日などに試してみてください。
朝のスペシャルケアをすることで、コンディションばっちりのお肌で素敵な1日を過ごしましょう♪
 

まとめ

乾燥が気になる季節には手放せないフェイスパック・・・
間違った方法でパックを使っていては、せっかくの美容効果が台無しです!
正しい使用方法で効果的にケアをして、乾燥に負けない、しっとりうるおう美肌を手に入れましょう!
 
 

タイトルとURLをコピーしました