小鼻を縮小する方法から毛穴掃除まで、小鼻悩みを一挙解決!

スキンケア

ふとしたときに目につく小鼻は、黒ずみやざらつきのないツルツルの状態が理想的。
最近では鼻をスッキリ見せるため、小鼻を小さくするケアを行う人も。
お手入れもサボりがちな部分ですが、汚れをクリアにするだけで、小鼻が引き締まって見える効果も。気温が高くなる季節こそ、ケアを徹底して接近戦もOKな小鼻を目指しましょう。

1.小鼻悩みのあれこれ

気になる小鼻の悩みは人によってさまざま。改善するためには、悩みにあったケアが必要です。すぐには改善しにくい小鼻の悩みは、気長にケアすることが大切です。

1-1.黒ずみ・ざらざら

「イチゴ鼻」とも言われる小鼻の黒ずみ、ざらつきは、汚れが酸化し、こびりついている状態。酵素パウダーなど、タンパク質を除去する効果のあるもので洗顔することで、徐々に汚れが落ちていきます。
なかなかとれない場合は、マッサージなどで毛穴の周りの皮膚を柔らかくすると落ちやすくなります。エステなどで集中的にクレンジングしても効果的です。

1-2.毛穴の開き・テカリ

過剰な皮脂と余分な角質が原因。丁寧なクレンジングと洗顔の他、毛穴の開きを引き締める必要があります。洗顔後、収れん化粧水で毛穴が気になる箇所をパッティングしましょう。
日中のテカリが気になる人は、皮脂抑制美容液や専用下地を塗っておくと、化粧もちがよくなります。

1-3.赤味

意外と目立つ小鼻の赤味は、角栓や皮脂づまりによる毛穴の開きが原因です。
過剰な皮脂分泌、毛穴の汚れにより毛穴が開いていると、赤味が出やすくなります。クレンジングと、角栓ケアを行い、クールダウンで毛穴の開きを引き締めましょう。
メイク時は、小鼻周りだけコンシーラーでカバーすると良いでしょう。

1-4.小鼻が大きい

アジア人の鼻は、小鼻が大きい、小鼻が横に広がっているなどの特徴があります。親しみやすさがあり、かわいい印象ですが、コンプレックスに感じている人も。
美容整形はリスクがあり、費用もかかりますが、簡単なマッサージや専用器具で小鼻を小さく見せるセルフケアもあります。続けることで、少しずつ効果が現れてくるでしょう。

2.小鼻ケア決定版

小鼻の角栓、黒ずみのケアから、小鼻を小さくする方法まで、自宅でできるお手入れをご紹介。
まずは、気軽に試してみましょう。

2-1.角栓オフ

セルフケア

小鼻の角栓は、タンパク質の汚れや皮脂が酸化してこびりついたもの。
そのため、通常の洗顔ではなかなか落とせません。
毛穴の黒ずみや角栓を落とすには、タンパク質を分解する酵素を使うのが効果的。酵素洗顔パウダーは、薬局でも手に入りやすく、週2,3回の使用でOKです。

マシンケア

家庭用の美顔器なら、吸引機や角質を削り落とすバータイプのものが一般的です。
小鼻の角栓や皮脂詰まりを集中的に落とすなら吸引機がおススメです。ざらつきやくすみが気になる場合はバータイプが良いでしょう。

エステケア

エステサロンでは、小鼻や毛穴の汚れをしっかり落とすディープクレンジングコースを受けましょう。
毎日のクレンジングや洗顔では落ちない毛穴の汚れまで、ケアすることができます。肌トリートメントの効果もあるので、トータルで美肌ケアできます。

2-2.皮脂対策

テカリや化粧崩れが気になるなど、過剰に皮脂が出る場合は、メイク前に皮脂を抑える美容液や化粧下地を取り入れるとよいでしょう。
余分な皮脂をおさえ、毛穴が広がるのを防いでくれる効果もあります。

2-3.クレンジング方法

汚れが溜まりやすい小鼻は、毎日のクレンジングでメイク汚れや皮脂をしっかり落としておくことが大切。
クレンジングこそ、肌の状態を左右するので、使い心地も含め、自分の肌に合ったものを選びましょう。
毛穴ケアにおススメなのは、クリームタイプやジェルタイプのクレンジングです。毛穴周りの皮膚を柔らかくしながら、汚れを落ちやすい肌状態に整えてくれます。そのため、毎日のクレンジングで汚れが溜まらない肌になっていきます。

2-4.小鼻を小さくする方法

実は小鼻も、老廃物や余分な水分が溜まるとむくんで大きく見える傾向にあります。
そこで有効なのが、小鼻マッサージ。血流を良くし、老廃物を流れやすくすることで肥大化が防げます。

<マッサージをする>

小鼻マッサージの方法はとても簡単。
k-1
出典:働く女性の味.com
両小鼻のくぼみに人差し指をあて、くるくるとマッサージをします。最後にキュッと鼻をつまんで終了です。洗顔後のスキンケア時に行いましょう。終わった後は、鼻回りが軽くなっているのが感じられるはず。

<鼻用矯正器具を使う>

物理的に小鼻を挟み、刺激を与えることで丸みやむくみをケアする専用器具もたくさん出ています。
k-2
出典:ディノス
1日30分程度の使用を続けることで「小鼻がすっきりしてきた」「小鼻が小さくなった気がする」などの体験談もあります。個人差はありますが、気になる人は試してみても良いでしょう。

3.悩み別小鼻メイク方法

小鼻の悩みは、メイクでカバーすることも可能!小鼻ケアも行いながら、メイクでは専用下地等を使ってカバーしていきましょう。

3-1.テカリ対策

小鼻のテカリには、洗浄と引き締めが大切。
クレンジングと洗顔ですっきり汚れをオフし、化粧水のパッティングなどで引き締めることがポイントです。メイクの前に、専用の皮脂抑制下地を使い、化粧崩れを防ぎましょう。

3-2.赤味対策

小鼻の赤味には、洗顔後の化粧水パッティングなどで、クールダウンさせる方法が有効です。続けるうちに赤味が治まってきます。
また、メイク時に赤味が気になる時は、コンシーラーでカバーするのがベスト。ブラシなどを使い、ピンポイントでカバーしましょう。

3-3.毛穴対策

毛穴の黒ずみやざらつきには、酵素洗顔など角質ケアが有効です。
定期的に使うことで黒ずみや余分な皮脂をオフすることができます。メイク時は、Tゾーン用の下地などを使えば、ニキビのもとにもなりにくく、化粧崩れもしにくくなります。

4.小鼻を小さく見せるメイク

小鼻が大きく見えて気になる…そんなお悩みには、小鼻シェーディングとハイライト使いで顔の印象を変えてみましょう。
小鼻に視線が行かないよう、ハイライトでTゾーンを明るく見せ、アイメイクやリップメイクにポイントをおきましよう。

<小鼻を小さく見せるメイク方法>

1.ベースメイクの最後に、シェーディングカラーをアイシャドウブラシにとり、小鼻上の三角部分に入れる。
k-3
出典: MAQUAOnline
2.Tゾーンにハイライトを入れる。
k-4
出典:日経ウーマンオンライン
5.小鼻対策コスメ&グッズ
小鼻の洗浄に役立つコスメの他、形を整えるグッズまで、小鼻をケアするアイテムはたくさんあります。組み合わせて使って、ピカピカ・スッキリした小鼻を手に入れて!

5-1.商品名:スイサイ ビューティークリアパウダーウォッシュ

k-5
出典:suisai公式サイト
メーカー:カネボウ化粧品 価格:ノープリントプライス
オススメポイント:小鼻はもちろん、毛穴の汚れや角栓、黒ずみをオフする効果の高い酵素洗顔パウダーです。洗顔料としても、小鼻だけの集中ケア用としてもOK。
少量の水を加え、ペースト状にしてパックとしても使えます。小分けになっているので、出張、旅行などの持ち歩きにも便利。

5-2. 商品名:ツルリ 小鼻つるり筆

k-7
出典:BCL
メーカー:BCL  価格:940円(税込)
オススメポイント:小鼻の毛穴の奥につまった汚れを、掻き出して落とす小鼻専用のブラシです。クレンジングや洗顔だけでは行き届かない部分のケアに向いています。
馬毛100%の天然素材で、肌当たりも良いタイプ。力を入れずに、くるくると使うのがコツです。部分的にしっかりケアしたい人に取り入れやすい。

5-3.商品名:鼻プチ・コポン COPONG

k−6
出典:Amazon公式オンラインショップ:
メーカー:株式会社コスメフリーク  価格:3,280円(税込)
オススメポイント:鼻腔内に装着し、鼻の形を整える専用器具です。鼻に高さを出し、スッとした鼻筋にメイクする効果があります。アイプチ感覚で使え、取り外しも簡単。小鼻の広がり、だんご鼻、鼻が大きいなど鼻にコンプレックスのある人はトライしてみては。

6.まとめ

小鼻の悩みは尽きませんが、日頃から意識してお手入れすれば、少しずつ効果が出てきます。すぐに効果が出なくても、諦めずに継続することがコツ。スッキリした小鼻を手に入れて、メリハリのある顔立ちを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました