スキンケアをしているのに鼻のテカリが消えない! どうして?

スキンケア

朝どんなに綺麗にメイクしても、夕方には小鼻がテカってしまい、メイクが台無しになることはありませんか?
小鼻は皮脂分泌が活発で、日頃から注意していてもどうしてもテカってしまいがちです。
顔の中心部位、額、鼻、アゴ先を繋ぐT字型の部位である「Tゾーン」は、顔の中でも特に皮脂が多く分泌される部分。顔の他の部位と比べると、5~6倍の毛穴の数があるのです。
でも、諦めてはいけません! 皮脂を減らし、鼻のテカリを抑えることは可能です。今回は、鼻のテカリの原因とその根本的な解決ついて考えていきましょう。

1. 鼻のテカリ対策〜スキンケア編〜

◯洗顔方法を見直しましょう

鼻のテカリが気になるからといって、洗浄力の強い洗顔料を使って洗顔してしまうのはお肌に良くありません。
逆に、水分と皮脂が足りないと皮膚が判断してしまい、余計に皮脂を分泌してしまいます。皮脂は多いのに角質層の水分は少ない「インナードライ肌」を招いてしまうことも。
洗顔の回数は朝と夜の2回までにしましょう。どうしても3回洗いたい場合は、洗顔料を使わずぬるま湯にして、汗や皮脂を流してください。

◯洗顔時のポイントと注意点

最初に顔をぬるま湯でしっかり濡らして、皮脂やほこりなどの汚れを流します。
水が冷たすぎると毛穴が閉じてしまい、睡眠中の皮脂や汚れなどが落ちないので、おすすめしません。30~35度くらいがベストです。
洗顔に使用する石けんや洗顔フォームは、しっかりと泡立ててから顔につけましょう。
最初に鼻や額などのTゾーンに泡を置いて、それから顔全体に泡を馴染ませます。指には力を入れず、泡のクッションを指で滑らすように洗ってください。
泡を顔にのせてから、ぬるま湯ですすぎを始めるまでの時間は「30秒」が目安です。長すぎてもお肌を痛めますし、短すぎても汚れが落ちません。
洗い流す時もぬるま湯で洗い流します。バシャバシャと水を顔に添わせるように洗い流しましょう。小鼻周り、フェイスライン、髪の生え際など泡が残りやすいところは、特に念入りにすすいでください。

◯洗顔後にすぐに保湿を

タオルやティッシュで顔を拭く時は、こすらずに顔にタオルを押し当てるようにして水分を吸収させてください。
洗顔後は乾燥しやすいので、すぐに化粧水や乳液などで保湿をしましょう。乾燥する部位はもちろん、鼻にも化粧水を重ね付けすることをおすすめします。

2. 鼻のテカリ対策〜メイク&メイク直し編〜

メイク時は、テカリ防止用の下地を使いましょう。
また、鼻のテカリが気になるからといって、ファンデーションを厚く塗るのは逆効果です。ファンデーションを薄く塗って仕上げた方が、化粧崩れも防げます。
ファンデーションは、リキッドファンデーションよりパウダーファンデーションがおすすめ。リキッドファンデーションなどカバー力の強いメイク用品は油分が多いので、皮脂の過剰分泌を招きます。
一方、パウダーファンデーションは肌がさらっとするので、自身の皮脂と馴染みやすいです。
どうしてもリキッドファンデーションを使いたい場合は、薄塗りにするか、オイルフリーのものを選ぶようにしましょう。
メイク直しをする際は、ティッシュで皮脂をオフ。あぶらとり紙を使うと、皮脂が取れ過ぎて乾燥してしまい、皮脂が余計に出やすくなってしまいます。
ティッシュで優しくテカリを抑え、その後軽くパウダーファンデーションをはたくと綺麗にメイク直しができます。

3. 鼻のテカリ対策〜生活習慣編〜

鼻のテカリが気になる時は、洗顔やメイクの他にも食生活や生活習慣を見直しましょう。

◯食事を見直す

忙しいからといって食生活が乱れてしまうと、鼻のテカリの原因になります。
特に、

  • 揚げ物
  • インスタント食品
  • スナック菓子
  • 甘いもの

などは、皮脂の過剰分泌を招くので、控えめにしてください。
また、ビタミン類など、皮脂のコントロールに良い栄養成分を摂取しましょう。皮脂のコントロールやニキビに良いといわれるビタミン類は、次のようなものがあります。

ビタミンB1・B2

豚肉、枝豆、レバー、納豆、乳製品、卵

ビタミンC

果物、キャベツなど葉菜類の野菜

ビタミンA

レバー、ニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜
こうした栄養を毎日の食生活に少しずつ取り入れていきましょう。どうしても摂取できない日は、サプリメントに頼るのも手ですが、できるだけ食事から取り入れるのが理想的です。

◯生活習慣を見直す

生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが乱れ、鼻のテカリの原因になります。
体のホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが増加してしまい、分泌される皮脂の過剰分泌につながってしまうのです。
ホルモンバランスを崩さないためには、

  • 睡眠不足
  • お酒の飲み過ぎ
  • タバコの吸い過ぎ
  • ストレスや過労
  • 運動不足

などに気を付け、生活習慣を改めましょう。

4. まとめ

鼻のテカリは、ケアしていてもどうしても起こってしまう厄介なもの。
しかし、皮脂が過剰分泌してしまうのには、きちんと原因があります。その原因を知り、正しいケアをしていけば、症状は解消されます。
日頃からスキンケアや生活習慣を見直し、鼻のテカリを改善していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました