簡単キレイ!口コミで人気のメイク落としシートおすすめ4選

top_slide03 スキンケア

top_slide03
出典:マンダム
残業で疲れているとき、飲みすぎて帰ってきたときなど、メイクを落とすのが億劫なときってありますよね。
そんなときに重宝するのが、拭くだけでササッと簡単にメイクオフできるメイク落としシートです。
この記事では口コミで人気のメイク落としシートを4つご紹介するとともに、
「シートは毎日使っても平気?」
「ポイントメイクも落とせるの?」
といった疑問を解消できるよう、メイク落としシートの正しい使い方についても取り上げていきます。

1.最強コスパ!口コミで人気のおすすめメイク落としシート

メイク落としシートを利用するシチュエーションは多々あれど、どんなときであっても洗浄力がしっかりあって、肌への負担が少ないものが理想的です。
ここでは口コミで評判が良く、ドラッグストアやネットストアで人気のシートタイプのメイク落としをコスパ重視で4つご紹介します。

ソフティモ ホワイト メイク落としシート b 52枚入

WJJB
価格|510円(1枚あたり9.8円)
特徴|クレンジング売上個数1位を記録した実績のあるメイク落としシートです。
クレンジング液がたっぷり入っているので、メイクの落ち具合は満足いくレベルです。
洗い流し不要なのも嬉しいところですね。
ホワイト以外にもヒアルロン酸、コラーゲン、Q10、オリーブオイルがそれぞれ配合されたシリーズがあります。
洗顔する余裕があるのならば、落ちにくいマスカラもすっきり落とせる「ソフティモ メイク落としシート オイルイン b」がおすすめです。
購入手段|通信販売・ドラッグストア
cleaning
出典:KOSE
⇒ Amazonで購入する

ビオレ ふくだけコットン うるおいリッチ  44枚

m_oilin_title
出典:Kao
価格|597円(1枚あたり13.6円)
特徴|メイク落としの代名詞といえるビオレの「メイク落としふくだけコットン」です。
この商品はそのシリーズになります。特長はこれ1枚でスキンケアのほとんどが終わってしまうことです。
ウォータープルーフマスカラも落とせる洗浄力なのに、拭きとったあとは洗顔いらずです。
美容液成分入りだから、そのまま寝ても肌のつっぱりは気になりません。
購入方法|通信販売・ドラッグストア
⇒ Amazonで購入する

ビフェスタ うる落ち水クレンジング シート モイスト 46枚

uruochi_sheet_moist_img
価格|455円(1枚あたり9.9円)
特徴|@cosmeの口コミランキングではクレンジングシートの中で最も上位にランキングされている商品です。
同シリーズのブライトアップも次点を獲得していることからも、人気の高さが伺えます。
シートの大きさが他の商品よりも大きく、メイクが薄い人ならシート1枚で十分です。
化粧水由来の洗浄成分でオイルフリー、無香料、無着色だから敏感な肌に優しいクレンジングシートといえるでしょう。また、1枚あたりの価格が10円以下というコスパの良さも人気の要因の1つです。
購入手段|通信販売・ドラックストア
スクリーンショット 2015-09-08 10.24.12
出典:ビフェスタ
⇒ Amazonで購入する

クレンジングリサーチ シートクレンジング 60枚入

matsumotokiyoshi_451
出典:AHA
価格|636円(1枚あたり10.6円)
特徴|シリーズ累計2000万個突破の角質ケア、ナンバー1ブランドのメイク落としシートです。
アイメイクが1枚では落ち切らないという声もありますが、使い心地に関する口コミは概ね高評価です。
メイク落としだけでなく、洗顔、角質ケア、化粧水をシート1枚で済ますことができるので、外出時、外泊時のバッグに入れておきたいですね。
購入手段|通信販売・専門店・ドラックストア
⇒ Amazonで購入する

2.メイク落としシートの使い方4つのステップ

STEP1|まずはポイントメイクから攻める

最初にマスカラや口紅などのポイントメイクから落としていきます。
シートを折りたたんだ状態にして、クレンジング液とメイクがなじむように10秒ほど押しあててから、そっと、やさしく拭き取ります。

STEP2|メイク全体をやさしく拭き取る

汚れた部分は折りたたんで、常にシートのきれいな面で拭き取っていきます。
ポイントメイクと同様、シートをしばらくメイクに押しあててから、そっと、やさしく拭き取るのがポイントです。
目元、小鼻周りなど拭き残しやすい部分は、折りたたんだシートの角を使って拭き取ります。

STEP3|シートに汚れがなくなったら完了!

きれいな面を使って繰り返し拭き取っていき、シートに汚れがつかなくなったらメイク落としは完了です。シート全体が汚れたら、汚れが落ちきるまで2枚、3枚と使いましょう。

STEP4|洗顔・化粧水・美容液・乳液

時間がなかったり、疲れているからこそシートタイプを使っているわけで、なかなか行うのは難しいとは思いますが、できるだけ洗顔は行いましょう。洗顔後、化粧水や乳液などでお手入れします。

3.メイク落としシートタイプの4つのメリット

1|忙しい人をお助け!時短ケアができる

ハードワークな人のお助けアイテム。メイクをしたまま寝てしまう NG行為を回避できます!
またビジネスホテルには石鹸はあっても、メイク落としは常備されていません。バッグに忍ばせておくと便利ですね。

2|メイクの重ねづけを回避!化粧直しで肌の負担を軽減する

外出先でもササッとメイクを下地からリニューアルする時に便利です!
外出先でのお化粧直し、どうも化粧ノリが悪い時はあります。
そんな時、化粧室の洗面台で顔を洗うわけにいきません。
ファンデーションを重ねて厚塗りになるのは理想的な肌を作りにくいですし、毛穴にファンデが詰まる原因にもなります。
シート一枚でスキンケアからお直しできるのは嬉しいですね。

3|素早くメイクを落とせる

シートタイプのメリットはなんといってもメイク落としの手間を軽減できることですよね。
肌の再生機能が活性化するのは就寝中といわれています。きれいな肌をキープするため、どんなに疲れていてもメイクだけは落として寝たいものです。

4|早いのに美肌をキープできる

シートだからといってあなどるなかれ!美容成分はたっぷり含まれています。
最近の商品にはクレンジング液だけでなく、乳液・化粧水・美容液などの成分が含まれているものが多く、これらの商品を利用すればスキンケアの時短にもなります。

4.メイク落としシートの注意点

デイリー仕様はおすすめできない

「毎日シートタイプでクレンジングしている」という方はいませんか?
それは肌のことを考えるとNGな行為です。
シートタイプのメイク落としは通常のメイク落としよりも肌を痛めてしまう可能性が高いといわれています。
シートタイプを利用するのは疲れて寝落ち寸前のときや外出時などに止めておき、毎日のクレンジングは通常のメイク落としを使いましょう。
シートタイプのメイク落としは拭くだけでメイクオフできてしまう大変便利なアイテムですが、その一方で肌へのデメリットがあることを覚えておいてください。

ゴシゴシ摩擦で肌荒れの注意

シートタイプは拭き取ることでメイクを落としていくため、メイクをしっかり落とそうと力を入れれば入れるほど、シートの摩擦が強まって肌が刺激を受けてしまいます。
これを続けていくと、最悪シミの原因となってしまうことも。
洗顔するときは体と同じようにゴシゴシ洗っちゃダメですよね。
それは顔の皮膚がとってもデリケートだからです。クレンジングに関しても肌にできる限り負担をかけないことが大切です。

クレンジング成分が肌に残ったままに注意

拭くだけでメイクオフできるよう、メイク落としシートにはクレンジング成分(界面活性剤)がたっぷりと含まれています。
「クレンジング成分は揮発するから洗顔しなくても大丈夫」
と謳っている商品もありますが、肌への刺激が強いクレンジング成分がすべてなくなる保証はありません。
きれいな肌を保ちたいのであれば、メイクオフしたあとに洗顔してクレンジング成分を落としておきましょう。

汗・皮脂汚を落としきれずに注意

クレンジング成分はメイクや日焼け止めなどの油性の汚れ、さらに日中外部から受けた汚れも落とします。
しかし、シートタイプのクレンジングだけでは、埃や花粉などの汚れや汗、皮脂、古い角質、毛穴の奥の汚れを十分に落としきれるとは断言できません。
メイク落としシートを使うときも、いつものスキンケア同様、洗顔料を使ってしっかり汚れを落とすことが大切です。

5.まとめ

メイク落としシートは拭くだけでメイクオフできるとっても便利なクレンジングアイテムですが、メリットよりもデメリット(肌への負担)の方が大きいことを覚えておかなくてはなりません。
シートタイプを使うのはイザというときだけにすること、そして使う際は洗顔、できれば洗顔後のスキンケアを欠かさないようにすることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました