美肌の秘訣は泡洗顔をやめること!?泡洗顔が肌によくない理由とは

スキンケア

みなさん、毎日の洗顔はどのように行っていますか?
もこもこたっぷりの泡で顔をやさしく洗顔・・・という方も多いのではないでしょうか。

しかし!実は最近では、泡洗顔は肌によくないからやめるべきとも言われているんです!

今回は、泡洗顔が肌によくない理由や間違ったイメージをご紹介します!

泡洗顔の効果に疑問をお持ちでしたら参考にしてください。

泡洗顔が肌によくない理由

洗顔料の泡立ちの良さ=界面活性剤の配合量

洗顔料の泡立ちの正体は、界面活性剤なんです!
界面活性剤は、水と空気の間に入ることで泡を形成することができる成分です。
もこもこと弾力のある泡をつくるには、それだけ大量の界面活性剤を配合する必要があります。

つまり、泡立つタイプの洗顔料には、肌によくない界面活性剤が、必要以上に配合されているということです!

界面活性剤は肌のうるおいを奪ってしまう

界面活性剤といえば、肌に負担のかかる成分の代表です。
肌は、水分が外に逃げて乾燥しないように、表面に油分の膜(皮脂)を張っています。

洗顔の役割は、ほこりなどの汚れや古くなった皮脂を洗い流すことですが、
界面活性剤の力が強すぎると、うるおいを保つのに必要な皮脂まで流してしまうため、肌が乾燥してしまうのです。

もちろん、界面活性剤がすべて悪いわけではありません。
界面活性剤は洗顔料にとって洗浄力そのものですから、配合されていなければ、顔を洗って清潔にすることはできません。

しかし、泡タイプの洗顔料(洗顔フォーム)には、泡立ちをよくするために必要以上に界面活性剤が配合されているので、それだけ洗浄力が強くなってしまうのです。

泡洗顔は乾燥肌や肌トラブルの原因に!

「洗顔料の泡立ちの良さ=界面活性剤の配合量=乾燥のしやすさ」です。

やたらと泡立ちのいい洗顔料には多くの界面活性剤が含まれるため、肌のうるおいが奪われて乾燥し、あらゆる肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。

泡洗顔をしたあとの、肌がつっぱっているような感覚は、うるおいが奪われて乾燥してしまっている証拠です。
また毎日使い続けば、肌本来のうるおいを保とうとするバリア機能が弱まって、乾燥しやすい肌質になってしまいます。

つまり、乾燥肌や肌トラブルでお悩みの方は、今すぐ泡洗顔をやめるべきなんです!

泡洗顔の間違ったイメージ

たっぷりの泡
洗顔料の泡が肌によくない理由はわかりましたね。泡洗顔をやめると肌への負担がぐっと減るんです!
それなのに、世間では『泡=肌にやさしい』という間違ったイメージが広まってしまっています…。

では、そんな泡洗顔のイメージが、間違っている理由をご説明します。

泡洗顔の間違い①:「泡がクッションになるから肌にやさしい」

「泡がクッションになって洗顔時の摩擦がなくなるから、肌にやさしい」
よく耳にする言葉ですが、実は少し間違いがあります。

たしかに摩擦は肌にとって刺激になることがありますが、指が触れるだけで負担が大きいのなら、普段の生活の中の刺激だけで、肌がボロボロになってしまいますよね(笑)。
それよりはむしろ、界面活性剤によって油分が奪われるほうが、肌にとっての負担が大きいんです。

しかも、指が肌に触れないほどの弾力のある大量の泡をつくるには、かなりの量の界面活性剤が必要なはずです。
そんな大量の界面活性剤を毎日使っていたら、肌によくないのは当たり前ですよね・・・。

摩擦を防ぎたいなら、ジェルやオイルのような潤滑成分でも充分だし、ゴシゴシこすらないで優しくなでるように洗ってあげれば問題ありません。
過剰な界面活性剤ほうが肌にとっては悪影響なので、“泡=肌にやさしい”という間違ったイメージは今すぐ捨ててくださいね!

泡洗顔の間違い②:「細かい泡が毛穴の中まできれいにする」

「きめ細かい泡が毛穴の奥まで届くから、毛穴よごれをきれいにしてくれる」
これも宣伝文としてよく聞きますが、大きな間違いです!

そもそも空気を含んでふくらんだ泡が、毛穴より小さいなんてことはありえません。
どんなに泡がきめ細かくても、毛穴に入り込むくらいの小ささにすることは不可能なんです。

むしろ、界面活性剤によって肌のうるおいが失われると、肌のふっくら感がなくなって毛穴が目立ちやすくなってしまいます。
毛穴の汚れや開きにお悩みの方は、今すぐ泡洗顔をひかえましょう!

メーカーが泡洗顔を勧める理由

泡洗顔を売り出しているメーカーの宣伝によって、“泡=肌にやさしい”という間違ったイメージが広まってしまっています。

メーカーが泡洗顔をおすすめする理由は、洗顔によって肌を乾燥させた方が、その後の化粧水などの浸透がよくなるからです。

泡立つタイプの洗顔料は世の中にたくさんありますが、特に、化粧水や美容液など同じシリーズでのライン使いを勧めているメーカーから多く売り出されていますよね。

泡立ちをよくするためには、それだけ大量の界面活性剤を配合するので、洗顔フォームを使うたびに肌が乾燥します。
乾燥した肌に化粧水をつければ、乾いた肌に浸透して潤うのは当たり前ですよね。

しかし、これによって消費者を「化粧水によって肌が潤っている」と錯覚させることができるんです。
つまりメーカーは、化粧水の浸透がいいと錯覚させたり、肌の潤いを実感させたりするために、乾燥しやすい泡洗顔を勧めているのです。

実際には、泡洗顔をした後の乾燥した肌に化粧水を浸透させても、プラスマイナスゼロになるだけですよね。
むしろ、洗顔フォームの界面活性剤によって、肌のバリア機能がどんどん衰えて、乾燥しやすくなってしまいます。

健康的な美肌づくりのためには、まず、泡洗顔をやめてみましょう!

泡立たないタイプの洗顔料を使おう!

洗顔ジェル
美肌づくりのためには、泡洗顔をやめて、泡立たないタイプの洗顔料を使うことがおすすめです。
泡洗顔をやめて、洗顔料を使わない水洗顔に切り替えるのは、あまりおすすめできません。

水洗顔は、たしかにお肌には優しいのですが、今まで洗顔料を使い続けてきた方には、あまりよくありません。

なぜなら、洗顔料を使った洗顔になれてしまっているので、汚れがたまりやすくなったり、脂っぽい肌質になってしまったりするからです。

肌の汚れを落としつつ、乾燥から守るためには、泡立ちのないジェルタイプやバームタイプの洗顔料がおすすめです!
泡立たない洗顔料は、一般的に泡タイプよりも、界面活性剤の量は少なく配合されています。
つまり、それだけ肌にやさしいということです。
泡洗顔後の化粧水はプラスマイナスゼロですが、泡立たない(=乾燥が少ない)洗顔料を使って化粧水をつければ、さらに肌は潤います。

洗顔フォームの泡洗顔はすぐにやめて、泡立たないタイプの洗顔料を使い、乾燥しにくい肌をつくりましょう!

泡洗顔をやめるだけで美肌になれます!


泡洗顔が肌によくない理由は理解していただけましたか?

泡立ちがいい洗顔フォームには、界面活性剤が必要以上に配合されています。
そんな洗顔料を使い続けていたら、界面活性剤によって、肌本来のうるおいを保とうとする機能が破壊されてしまうかもしれません!

肌トラブルや乾燥でお悩みの方は、今すぐ泡洗顔をやめて、ジェルタイプなどの泡立たない洗顔料を使ってみてくださいね。
泡洗顔は今すぐにやめて、肌にやさしい洗顔を続けて、健康的な美肌づくりを目指しましょう!

タイトルとURLをコピーしました