しっかり潤ってキレイな私に! 「顔」の保湿ケアで気をつけたいポイントとは?

スキンケア

キレイな肌を目指す上で「保湿」は大切です。水分がしっかりと与えられている肌は、弾力があってみずみずしいですよね。
体の中でも特に「顔」の保湿は重要になってきます。人と会った際一番最初に目がいく部分なので、念入りにケアをしたいもの。保湿が不十分だと、シワやシミ、くすみの原因にもつながるといわれています。
そこで、顔の保湿で気をつけたいポイントと、オススメの保湿アイテムについてご紹介します。

1. なぜ保湿がそんなに大切なの?

「保湿」とは、肌に十分な水分が入った状態のことを指し、肌のバリア機能を正常に保つ働きがあるといわれています。
毎日の生活のなかで、私たちの肌はいろんな刺激を受けています。その刺激からしっかりと肌を守ってくれるのが、角質層にある水分。その水分が乾燥によって減少してしまうと、バリア機能が低下し、シミやシワ、くすみなどを引き起こしてしまうのです。
また、保湿には、ターンオーバーを正常に保つ役割も。ターンオーバーはいわば、肌の新陳代謝。水分不足によってターンオーバーが乱れると、肌が生まれ変わる仕組みがズレてしまい、肌がゴワゴワしたりメイクのりが悪くなったりと、肌にとってはよくないことばかりです。
毎日の保湿ケアは、肌を美しくキープする上で必要不可欠なんですね。

2. 「顔」の保湿で大切なこと

その①:クレンジング・洗顔は丁寧に行う

保湿をしたいなら、とりあえず化粧水やクリームをたくさん塗ればいい!なんて思っていませんか? 実は、保湿ケアはクレンジングと洗顔の段階から始まっています。
顔を洗うことで、肌の表面の皮脂や汚れをキレイにしていくのですが、ここで大切なのが、必要な皮脂はきちんと残しておくこと。皮脂を全て落としてしまうと、乾燥肌につながってしまうのです。洗浄力が高すぎないクレンジング、洗顔を使うことがポイント。
まず、クレンジング剤はミルクやクリームタイプのものを選びましょう。オイル系のクレンジングだと、メイクはしっかりと落ちますが、顔に必要な皮脂までも落としてしまう可能性があります。
その点、ミルクやクリーム系のものは、肌をしっとりと保湿しながら落としてくれるのでオススメ。アイメイクなどが落ちにくい場合は、部分的にポイントメイクリムーバーを使うといいでしょう。
洗顔フォームも、「さっぱり」を目的としたものではなく、できるだけ保湿効果があるものを選びましょう。ゴシゴシ洗うのはNG。肌を傷つけてしまう恐れがあるので、たっぷりフワフワの泡で、なでるように丁寧に洗ってください。

その②:すすぐときは水かぬるま湯で!

すすぐときは必ず水かぬるま湯で洗いましょう。熱いお湯だと、必要な皮脂を全て洗い流してしまうので、注意が必要です。

その③:洗顔後はしっかりと保湿する

洗顔が終わったらスキンケアアイテムを使って、しっかりとケアしていきましょう。まず保湿をする上で大切なアイテムが以下の4つです。

  • 化粧水
  • 美容液
  • 乳液
  • クリーム

年齢などによって使っていないアイテムもあると思いますが、基本的にはこの4つを使ってしっかりと保湿をしていきます。

・化粧水

化粧水をつけることで、洗顔によって失われた水分を取り戻します。手やコットンでもどちらでもいいので、化粧水をお肌になじましていきましょう。できれば、肌がひんやりするくらいまでつけることがオススメです。水分を十分に入れることができたら、次の工程へ。

・美容液

肌に必要な栄養を与えてくれる、美容液。若い頃は必要なかった!という人も、年齢を重ねるごとに追加したほうがいいアイテムです。全顔用のほか、目元などの集中ケア美容液もあるので、気になるポイントによって使い分けてくださいね。

・乳液

肌の水分の蒸発を防いでくれる乳液。美容液のあとでクリームを使用する場合は、乳液をつけなくてもいいですが、クリームなしの場合は必ず美容液のあとにつけて蓋をしてください。乳液を手のひらに乗せて少し温めてから、肌に伸ばしていきましょう。

・クリーム

最後にクリームを塗って完了です。乾燥しているからといって、クリームをベタベタ塗るのはよくありません。適量を守ることで、十分な効果を期待できます。
朝のスキンケアの場合は、保湿ケアをしてからメイクをしたり日焼け止めを塗ったりするので、保湿を高める効果が期待できます。乾燥が気になるようなら、メイクの上からでも吹きつけられるミストタイプの化粧水を用意しておきましょう。

3. オススメの保湿アイテム

保湿アイテムを探すときは、配合されている保湿成分に注目してください。
なかでもイチオシは「セラミド」という成分。保湿力が大変優れており、乾燥に悩んでいる方には積極的に取り入れてほしい成分です。

【クレンジング】

「ディセンシア つつむ ジェントル クレンジング」

01.つつむ ジェントルクレンジング_preview

出典:decencia

肌の潤いをキープしながらメイクを落とせます。コシと弾力感があるクリームが、汚れをキャッチしたらすぐにオイル状に変化。洗い上がりもしっとりとするクレンジングです。

  • メーカー:ディセンシア
  • 容量:100g
  • 価格:2,700円(税抜)
  • 公式サイトURL:https://www.decencia.co.jp/nccp/G-ts0004.html?utm_source=vera&utm_medium=curation&_adp_c=wa&_adp_e=c&_adp_u=p&_adp_p_md=3807&_adp_p_cp=34405&_adp_p_agr=8133445&_adp_p_ad=4562931

【洗顔料】

「無印良品 マイルド保湿洗顔フォーム」

02.無印良品 洗顔フォーム_preview

出典:muji

余分な皮脂を洗い流しすぎない洗顔料。添加物が入っていないので、敏感肌の方でも使用できます。洗い上がりはつっぱらず、しっとりとした肌質が続きます。コスパの良さも人気の秘密。

  • メーカー:良品計画
  • 容量:120g
  • 価格:619円(税抜)
  • 公式サイトURL:こちら

【化粧水】

「ディセンシア アヤナス ローション コンセントレート」

03.アヤナス ローション_preview

出典:decencia

こちらのローションにはセラミド成分が入っており、またアインチエイジング効果も期待されます。

  • メーカー:ディセンシア
  • 容量:125ml
  • 価格:5,000円(税抜)
  • 公式サイトURL:こちら

【美容液】

「セラミドスキンケア モイスチャライジングセラム」

04.エトヴォス_preview

出典:etvos

なんとこの美容液には、5種類ものセラミド成分が入っており、かなりの保湿力が期待できます。
とろみがあり、肌になじみやすいのが特徴です。

  • メーカー:エトヴォス
  • 容量:50ml
  • 価格:4,000円(税抜)
  • 公式サイトURL:こちら

【乳液】

「ソフィーナ ボーテ 高保湿乳液 しっとり」

05.ソフィーナボーテ_preview

出典:sofina

こちらの乳液には、持続型のセラミドが配合されており、長時間潤いをキープすることが可能です。そのほか、「月下香培養エッセンス」などの高保湿成分も配合。

  • メーカー:花王
  • 容量:60g
  • 価格:3,200円(税抜)
  • 公式サイト:こちら

【クリーム】

「ヒフミド エッセンスクリーム」

06.ヒフミド エッセンスクリーム_preview

出典:kobayashi

3種類のセラミドが配合されており、肌にしっかりと潤いを与えます。肌のハリの低下や開き毛穴の原因となる乾燥にも効果が期待できます。

  • メーカー:小林製薬
  • 容量:22ml
  • 価格:4,000円(税抜)
  • 公式サイトURL:こちら

4. 潤いをキープするために心がけたい習慣

スキンケアアイテムを使う以外に、日々の生活の過ごし方も大切になってきます。いくらスキンケアアイテムにお金と時間を使っても、生活習慣が乱れていたら本末転倒!
肌の潤いをキープするために心がけたい習慣をご紹介します。

・食生活に気をつける

仕事が忙しいとついおろそかになってしまうのが、食生活ですよね。コンビニ弁当やファストフード店のメニューばかり食べていると、肌へ影響してしまいます…。
肌の潤いをしっかりキープできるように、タンパク質などを中心に栄養バランスが取れた食事を心がけましょう。また、「オメガ3脂肪酸」といわれる、肌をキレイにしてくれる必須アミノ酸も積極的に取り入れましょう。サバやサーモン、いわしなどの魚に多く含まれていますよ。

・睡眠を十分に取る

睡眠をしっかりと取ることも大切です。眠ることで、成長ホルモンの分泌が促進され、肌のターンオーバーにもつながります。22時~2時までが質の良い睡眠といわれているので、遅くても24時までには寝るように心がけましょう。

5. まとめ

人に最も見られているパーツだからこそ、顔のケアはしっかりと行いたいもの。みずみずしくハリのある、トラブル知らずな肌でいるためには、なんといっても保湿がマスト!
自分に合ったアイテムを上手に取り入れて、また、日頃の生活習慣も正しく見直して、より一層キレイを磨いていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました