今すぐあなたも旬顔に!人気の目元メイクを一挙公開!

アイ

女の子が大好きなアイメイク。目元がきまっていると、可愛くなれるし、気分もアガりますよね♪
そこで、今回は人気の目元メイクを一挙にご紹介!メイク初心者さんや流行カラーの取り入れ方がわからないという人にも、すぐにマネできるアイメイク方法をご紹介します。マイ・ベスト・アイメイクを見つけて、あなただけの“カワイイ”を追求してみては?

1.目元の印象を決めるアイメイクパターン

アイメイクのやり方で顔の印象は大きく変わるもの。チークやリップとのバランスも参考にしながら、人気のアイメイクのポイントをおさらいしてみましょう。

1-1.超基本:ブラウングラデーション

どんなシーンでも使えるブラウンのアイシャドウは、一つは持っていたいもの。
3~4色入りのグラデーションカラーのパレットが使いやすいでしょう。定番カラーでも流行によってニュアンスが変わってくるので、シーズンごとにアップデートするのが理想。今なら、透明感のある発色で赤味やオレンジがかかったブラウンが人気です。

1-2.新定番:シングルアイシャドウ

盛りメイクブームが去ってからは、シングルアイシャドウの人気も復活。パール入りタイプでほんのりまぶたに明るさをプラスするメイクは、流行の濃い色リップとも好相性。リップメイクをポイントにしたい人、ナチュラルメイク派さんにおススメです。

1-3.最旬:ツヤまぶた

クリームアイシャドウやリキッドアイシャドウ、ラメアイシャドウを使った“濡れツヤまぶた”。
目元に光を集め、色っぽく見えると評判です。しっとりした質感で粉っぽさもないので、乾燥しやすいまぶたの人にも人気です。手軽に華やかになれるアイメイクです。

1-4.かわいい:タレ目メイク

モテを意識したメイクといえば、たれ目メイク。たぬき顔メイクともいいます。目尻を濃い色のアイシャドウで囲み、たれ目風に見せるのがポイント。女の子らしい親しみやすい表情になります。つり目さんやキツイ印象でお悩みの人にも向いています。

1-5.整形級?!:デカ目メイク

とにかく目を大きく見せたい、そんな人には、アイテープを使った疑似二重+つけまつ毛で、がっつりデカ目に!昔のギャルメイクのように、囲み目、太いアイラインは避け、濃い色アイシャドウは使わないことがポイントです。カラコンを利用しても◎。ほどよい抜け感をキープすることが今っぽいデカ目メイクの鉄則です。

2.アイメイク実践編

人気&実用的なアイメイク方法のハウツーを一挙公開!やりたいメイクのイメージに合わせて、早速トライしてみましょう。

2-1.超基本:ブラウングラデーション

基本の使い方は、濃淡2色でグラデーションをつくること。まぶたを明るく整え、立体感が出るようにふわっとのせることが基本です。濃くなるのが心配な人はアイシャドウ用のブラシを使えば、よりナチュラルに。3色入りのアイシャドウなら、一番濃い色をアイライン代わりに引くと目元に深みが出ます。

<アイシャドウの入れ方>

  1. アイシャドウの一番明るい色をまぶた全体にぬる
  2. アイシャドウの中間色をアイホール(まぶたのくぼみの内側)に塗る
  3. よりくっきり見せたいときは、まつ毛のキワに濃い色を細くいれる
  4. 最後に指でぼかし、色の境目をなじませる

<一重さんのアイメイクポイント>

一重さんの場合は、アイシャドウの締め色(一番濃い色)を活用することがコツ。
基本のアイシャドウの塗り方を行った後、最後に締め色を目のキワ~好みの二重幅部分までしっかり入れましょう。目をあけたときに、二重幅部分に影ができていればOK。まつ毛を根元から立ち上げ、マスカラをプラスするとぱっちりして見えます。

<奥二重さん>

二重の幅が狭い奥二重さんはハイライトカラーとミドルカラー(中間色)をメインに使ってみましょう。
奥二重を上手に生かすため、締め色の暗い色で二重部分をつぶさないことがポイントです!奥まっている部分を明るくすることで目元の拡大効果が出るため、目を大きく見せることができます。
カラーアイシャドウなら、目尻からチラリと見えるように重ね付けするとオシャレ。目尻だけ、高発色のカラーライナーを使うのもおススメです。

2-2.新定番:シングルアイシャドウ

アイシャドウの単色使いなら、パール入りで1つでも華やかになるタイプを選びましょう。指かブラシでまぶた全体にふわっと入れ、アイラインとマスカラで引き締めます。物足りない時は、二重幅に重ね付けするとグラデーションができます。オレンジやゴールド、ベージュ、シルバーカラーがおススメです。

2-3.最旬:ツヤまぶた

ラメやパール入りのクリームアイシャドウやリキッドアイシャドウは、少量をまぶたにのせたあと、指でスーッとのばして使います。つけ過ぎるとヨレるので注意。ラメが強くなければ下まぶたに細くいれてもOK。指付けが気になる人はシリコンチップを使うと良いでしょう。

2-4.かわいい:タレ目メイク

優しい表情に見せたい時には、たれ目メイクがベスト。アイシャドウは、ソフトに見えるピンクブラウンやゴールドブラウン、バーガンディ、ボルドーなどが向いています。グレイやブラックを使うと厚化粧に見え、ギャルっぽくなるので避けた方が無難です。

<たれ目メイクやり方>

  1. まぶた全体をベージュシャドウで明るくする
  2. 二重幅を目安に中間色のブラウンシャドウを入れ、ぼかす
  3. 自然に流すようにアイラインを入れ、下側の目尻にも黒目の下ぐらいまでラインを引く
  4. ダークカラーのアイシャドウを目の下のアイラインに重ねる
  5. ビューラーでまつ毛を上げ、マスカラをつける

目尻の下側だけにつけまつ毛をプラスするとよりたれ目になります。

2-5.整形級?!:デカ目メイク

アイシャドウで目の横幅を広げて見せることで目が大きく見えます。
目尻より少し長くアイライン&締め色を入れ、マスカラでまつ毛をしっかり立ち上げましょう。まつ毛の長さが短い人は、ナチュラルタイプのつけまつ毛を使っても良いでしょう。アイシャドウはパステルカラーではなく、ブラウンやボルドーカラーを使った方が効果的です。カラコンを使っても◎。
 
目をパッチリ見せたい一重さんや奥二重さんなら、アイテープで二重をメイクするのもアリ。まぶたを折り込んで貼り付けるアイプチよりも、アイテープのほうが自然に見えます。絆創膏や100円ショップで売っているアイテープも手軽で人気です。

<アイテープのつけ方>

  1. まぶたの油分や汚れをふき取る
  2. プッシャー等で二重の幅を決める
    ※幅が広すぎると、不自然に見えるうえ、テープがとれやすくなるので注意!
  3. 二重のラインにテープをくいこませる
    ※まばたきをしながら、自然にくいこむ位置がベスト
  4. テープの余分な部分をカットし、指で押さえて密着させる
  5. テープ両端の剥がれやすい部分を、さらにグルー等で留める

3.人と差がつくアイメイクのコツ

あか抜けたアイメイクに仕上げるには、ベースを整えることがマスト。アイメイクの前に専用べ―スやコンシーラーで均一な目元に整えておきましょう。

3-1.アイシャドウベース

目の周りの皮膚は非常に薄く、他の部分と比べてくすみやすい傾向にあります。
アイシャドウの発色がイマイチ、時間が経つとまぶたがくすみやすいという人は、アイメイクの前にアイメイクベースを使ってみましょう。まぶたが明るくなり、アイシャドウの発色もUP。粉飛びも防止できて、アイシャドウが密着します。

3-2.目元コンシーラー

クマやくすみが気になる人は、アイシャドウベース代わりにコンシーラーを使ってまぶたを整えましょう。赤味が出やすい目尻のくぼみ、クマをカバーするとそれだけで垢抜けて見えます。
明るさ重視ならハイライト効果のあるリキッドコンシーラー、カバー力重視ならクリームやスティックタイプのコンシーラーがおススメです。

4.流行アイメイクの取り入れ方

今、人気の赤味シャドウや透け色アイシャドウ。
難しいイメージもありますが、コツを掴めば誰にでも取り入れやすいカラーです。アイメイクで流行カラーを取り入れる時のポイントをご紹介します。

4-1.赤味カラー

流行が続いている“赤味メイク”は、アイシャドウで囲み目にすると上手くいきます。目のキワから二重幅、目の下にふんわりぼかしましょう。目尻だけ、目の下だけといったポイント使いもオシャレです。

4-2.深みカラー

ボルドーやバーガンディ、プラムといった深みのあるカラーも流行中。クリームタイプやリキッドタイプを選んで、つややかに仕上げるのもおススメです。単色使いですっきり見せると今っぽいアイメイクに。

4-3.透け色

定番のブラウンアイシャドウも、今ならクリアな発色の軽やかなカラーが旬。パール入りで、透け感があって、ベタッと見えないものが流行中です。ブラウンも様々なバリエーションがあるので、自分の肌色や髪色に合うものを選びましょう。

5.目元メイクにあると便利なアイテム

アイメイクに役立つ道具は持っていて損はナシ!道具の使っているかどうかで、アイメイクの仕上がりに差が出ますよ!

5-1.メイクブラシ

入れ方次第で仕上がりに違いが出るアイシャドウには、専用のブラシ使用がオススメ。
まずは、まぶた用の大サイズと、細かい部分用の小サイズ2本を揃えましょう。ハイライトゾーンやアイホールなどの広い部分と、まつ毛際や二重幅など狭い部分での使い分けができ、グラデーションもラクラク決まります。目のキワには先端が細いタイプのチップが便利です。

5-2.ホットビューラー

まつ毛が短い人、一重、奥二重さんはまつ毛を根元から立ち上げると、パッチリ目に近づけます。
普通のビューラーではカールがキープできないという場合は、ホットビューラーを使ってみましょう。マスカラをつけたあとに、熱をくわえることでカールが長時間キープできます。

6.まとめ

アイメイクがきまったら、リップやチークも「バランスよく」を心がけて。アイメイクがナチュラルなら、赤やピンクのリップをアクセントにしたり、しっかりメイクならチークとリップは控えめカラーにするなど、引き算メイクをするとGOOD。アイシャドウとリップの色を同系にしても素敵です。

タイトルとURLをコピーしました