美肌菌を増やす方法とは!『菌活』で健康美肌をつくりましょう

スキンケア

わたしたちの体の中には、さまざまな菌が存在しています。
「菌」というと、バイキンのようなイメージがあるかもしれませんが、中には美容や健康にいい効果をもたらしてくれる菌も存在します。
 
最近では、美肌づくりのためには「美肌菌」という菌を増やすことが大切であることがわかってきました。
お肌の美肌菌が増えれば、ニキビや乾燥などの肌トラブルが起こりにくい、健康的な肌でいられるんです。
 
美肌づくりのために、美肌菌を増やす『菌活』をして、健康的な肌を手に入れましょう!
今回は、美肌菌を増やす方法について詳しくご紹介します!
 

■美肌菌を増やせば、健康的な美肌になれる!

「美肌菌」とは、肌に存在している善玉菌のことです。
 
皮膚にはもともと、常在菌というさまざまな菌が存在しています。
その中にはニキビの原因となるアクネ菌などの悪い菌(悪玉菌)や、肌の環境を整える効果がある良い菌(善玉菌)があるんです。
 
腸内環境をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。
腸内では、善玉菌と悪玉菌のバランスが良くなると、腸内フローラが正常に保たれて、腸内環境が整うといわれています。
 
これと同じように、お肌も「肌フローラ」を正常に保つことで、健康的な美肌になれることがわかってきました。
つまり美肌のためには、善玉菌と悪玉菌のバランスが大切なんです。
 
肌トラブルが増えてお肌の状態が悪いときは、悪玉菌が多くなってしまっていることがほとんどです。
きれいな肌になるために、善玉菌(=美肌菌)を増やすことを心がけましょう
 

■美肌菌にはうれしい美容効果がいっぱい!

美肌菌によってもたらされる美容効果は、主に5つあります。

美肌菌効果①:グリセリンをつくりだす

グリセリンは、肌にうるおいを与えてくれる成分です。化粧品の成分表示でも、よく目にしますよね。
 
美肌菌には、汗や皮脂などを食べて、グリセリンを生み出すはたらきがあります。
このグリセリンによって、肌の角質層がうるおいで満たされるので、内側から保湿することができるんです。

美肌菌効果②:セラミドをつくりだす

セラミドも、化粧水や美容液でおなじみですよね。保湿性の高い成分として注目されています。
 
肌のセラミドが不足すると、角質層のうるおいが失われてしまうと言われています。
美肌菌によって、肌表面にセラミドをつくりだすことができるので、高い保湿効果が期待できます。

美肌菌効果③:キメを整えて、毛穴を目立たなくさせる

肌がうるおうと、キメが整って肌表面の凹凸がなくなり、なめらかな美肌に近づきます。
毛穴の開きも目立たなくなるので、毛穴にお悩みの方にはうれしい効果ですよね!

美肌菌効果④:悪玉菌が増えるのを防ぐ

美肌菌には、悪玉菌が増えるのを抑制するはたらきもあります。
つまり美肌菌を増やせば、悪玉菌を防いで、美肌菌をまもることもできるんです!

美肌菌効果⑤:肌荒れ、ニキビ、肌トラブルを予防する

悪玉菌には、ニキビやアトピー性皮膚炎の原因となる「アクネ菌」や、「黄色ブドウ球菌」があります。
これらを美肌菌がやっつけてくれるので、肌荒れやニキビを予防することができるんです。
 
更に、美肌菌が増えるとお肌が弱酸性に保たれるので、あらゆる肌トラブルを予防することができるそうです。
 

■注意:美肌菌は簡単に増やせるものではありません

スクリーンショット 2018-01-11 14.12.22
正しい「菌活」で美肌菌を増やせば、肌そのものを健康にして、美肌をつくることができます。
しかし、美肌菌は化粧水や美容液などで与えられるものではないので、美肌菌を育てることで増やしていくことになります。
 
美肌菌を育てる上でのポイントは2つです。

  • 美肌菌に栄養を与えること
  • 美肌菌を減らさないこと

これらは菌活をはじめてすぐに効果の現れるものではありませんが、正しいケアを続ければ着実に美肌に近づけます。
 
時間をかけてじっくりと菌を育てるイメージで、根気よく菌活を続けていきましょう!

■美肌菌を増やす方法

美肌菌を増やす方法①:クレンジングでメイク汚れはしっかり落とす!

メイクをした日は念入りなクレンジングをして、メイク汚れをしっかりと落としましょう。
メイク汚れが残った状態だと美肌菌がスムーズに繁殖できませんし、肌トラブルの原因になっていまいます。

美肌菌を増やす方法②:夜は泡洗顔、朝は水洗顔

洗顔の頻度は、朝と夜1日2回がおすすめです。
洗顔料を泡立てて洗顔するのは夜のみで、朝は水かぬるま湯のみで洗いましょう。
 
洗顔料を使いすぎたり洗顔をやりすぎたりすると、肌に必要な皮脂まで過剰に洗い流されてしまいます
皮脂が少なくなると美肌菌のエサが減ってしまうので、美肌菌が育たなくなってしまうんです。

美肌菌を増やす方法③:しっかり保湿

保湿は美肌づくりの基本です。
肌が乾燥すると、肌の状態が悪くなり、美肌菌の繁殖をさまたげてたり、悪玉菌が増えやすくなってしまいます。
 
化粧水はもちろん、乳液・クリームなども使って、最低限のスキンケアは行いましょう!

美肌菌を増やす方法④:肌断食

普段のスキンケアは大切ですが、肌をおやすみさせてあげるために、ときどき肌断食をするのがおすすめです。
肌断食とは、2~3日の間メイクをせず、クレンジングや洗顔料、スキンケア用品などをいっさい使わないで過ごすことです。
 
普段のクレンジングはもちろん、化粧水や乳液などのスキンケア用品でさえ、肌にとっては刺激になっています
そこで、メイクもスキンケアもしないおやすみの日をつくることで、肌本来のバリア機能を高め、美肌菌を育てることができるのです。
 
自分にも肌にも、おうちでゆっくりリラックスできるおやすみの日をつくりましょう!

美肌菌を増やす方法⑤:お風呂はぬるめで15分ほど!

お風呂はぬるま湯に15分くらいつかるのがおすすめです。
あついお風呂に長くつかるのが好きな方もいるかもしれませんが、
熱いお湯や長風呂は肌の角質層をふやけさせて、美肌菌を減らしてしまうんです!
お風呂に入ることは大切ですが、温度や時間に注意するようにしましょう。

美肌菌を増やす方法⑥:適度な運動も大切!

美肌菌は汗や皮脂をエサとしています。
つまり、美肌菌にエサを与えるためにも、軽い運動で汗をかくことは効果的なんです。
 
さらに、運動の習慣がつくと新陳代謝が上がるので、汗だけでなく皮脂の分泌もよくなります。
適度な運動は、美肌菌にとってよいお肌環境をつくることができるのです。
 

■美肌菌を増やすには、生活習慣も大切です!

充分な睡眠やバランスの取れた食事など、よい生活習慣は美肌菌を増やすことができます。
 
寝不足や栄養不足は、美肌菌にとって大敵です。
さらに、規則正しくない生活が続いてしまうと、肌やからだにストレスが溜まってしまいます。
 
無駄な夜更かしはひかえたり、コンビニ食ばかりで済ませたりしないで、規則正しい生活や、食生活にも気をつけましょう!
 

■美肌菌を増やして、健康美肌を目指しましょう

スクリーンショット 2018-06-13 15.52.28
美肌菌は化粧水や美容液で与えられるものではないので、正しいスキンケアや生活習慣から注意しなければなりません。
 
もちろん、すぐに効果があらわれるものではありませんが、からだの内側から健康になれば、美肌菌は自然に増えて、肌トラブルや乾燥にも負けない健康的な美肌をつくることができます。
 
どんなに高い美容液や化粧品を使っていても、肌が不健康では意味がありません。
根本から肌質を改善するために、美肌菌を増やす『菌活』を毎日こころがけていきましょう!
 
 
 
 
 

タイトルとURLをコピーしました